2008年野島防波堤釣行記

2008年11月24日

11月23日野島防波堤釣行記

11月23日久しぶりに野島に行ってきました。本来なら平和島まる八の手バネハゼの季節も、今年は落ちが遅れていて来週からハゼ乗合開始とのこと。疲れとストレスも溜まっているので午後の海風に当たりに自宅を9:30に出発。本命フッコとアジ狙いで竿を3本(ルアー竿、磯竿、ヘチ竿)持って行きました。
幸浦の出口渋滞(1kmの渋滞抜けるのに40分掛かりました。。。)に巻き込まれ11:45頃に村本に到着。12:00船に飛び乗りギリギリセーフ。最近黒鯛釣果があるドックを第一希望、新堤を第二希望とします。
海は緑がかった濁りも入って悪くありません。ところが海上は南西3〜5m。この時点で黒鯛を完全に諦めフッコにターゲットを絞ります。
ドックは10名以上+北面に十兵衛が独占しているためパス。新堤に向かいます。新堤も親子連れ含め10名近く居ます。ドック先からクラブの気気鵝∪津瑤らHさんも移動、皆イカ狙いです。私はフッコ狙いのためKuruKuru Counter Attackの30gをぶん投げます。13:30過ぎから数回バイトがあるも乗らず。ベタ底狙いをするもスカ(デキアイナメ1匹のみ)。底を攻めすぎてルアーを2個ロストしてしまいました。14:30頃から一旦強まった南風がだんだん凪てきます。
15:30船で私含むクラブの3名だけになります。ベタ凪&濁りが入ってきていい感じです。おまけに16:00前から東北東の風が吹き始めます。雰囲気がいい感じになってきたのでツブでヘチを狙うと16:20頃、新堤平場中央付近の1ヒロのタナで何とSTOP!!1ヶ月ぶりの当たりのためか、完全にアワセのタイミングを外してしまい潰されたのみ。魚が居ることが判ったので集中すると16:40に青灯側コバヘチの1mくらいのタナで引き込みのアタリ!!合わせると黒鯛が掛かります。この魚、釣られたと判ってないようでアワセ後に浮き上がったまま、台の上を悠然と泳ぎ始めます。そのまま内側に誘導し、暴れる前に掬ってしまいました。48.5cm、1.98kgの良型でした。
その後1バラシ(GrandMAX1.5号を一撃で切られました)。18:30頃Hさんが台の先でバラした後に東〜東南東の風が急に強まり気配が薄れます。アジを狙うも東風が強烈でスカ。そのまま20:00の戻りとなりました。
ピーカン&南風が強く、黒鯛は完全に諦めていましたが、夕マヅメに合わせてナライが急に入り突然好条件となりました。照りこんで濁りが入った後にナライが入り、急速に水温が上がったようです。この条件の変化、ホント予測不可能です。南風でも構わずに野島に来て正解でした。
バラシありでちょっと反省が残るも非常に嬉しい釣果でした。今日は他にドックで1枚、昨日も2枚出たそうです(釣友が2.8kgを仕留めています)。
今年の野島出勤は今回で終了するつもりです(あと数回行くかも)。来月は手バネハゼに行ってきます。

2008年10月19日

10月19日野島防波堤釣行記

所属するクラブの今年最後の大会のため野島に行ってきました。この時期釣果を狙うには厳しい潮廻りですが、前日からの大ナライと13:30までの下げ潮に期待しての釣行。大会幹事の代行のため早めに村本に向かいます。
今年最後の大会でもあり、クラブ員はレギュラーメンバー含めたくさん集まります。メンバー以外では久しぶりのきゅーりさんも居てなかなか活気があります。
定刻どおりに出船。沖は北東10mくらいで大荒れ。ドックと青灯・赤灯限定で出船。イカが釣れているとのことでイカ狙いの人もたくさん居ます。当然エギングセットも持って出船。午前中の下げ潮はクロ狙い、午後も大会ですが、エギでイカ狙いの予定で青灯に出撃しました。
青灯は新堤に向かう予定の人も来て大混雑。荒れているものの透けているのと人が多すぎでヘチに魚も寄ってきません。しばらくは看板前までの限定もあり非常に厳しい状況。2往復目で別荘手前で引き込みの当たりが出るも咥えただけのようで針掛からず。結局クロの反応はコレ1回きり。青灯全体でも2回当たった釣友が居たのみでほぼ無反応。早上がりも予想されるので11:00過ぎから釣れまくっているスミイカ&アオリ狙いでエギを投げます。クラブの大会の中、ヒンシュクを買うものの40分くらいで2杯釣れました。
ナライも12mくらいまで上がり、結構危険になってきたため予想通り12:00で撤収。野島全体ではドックでカイズが1枚釣れ、大会は無事成立しました。
人が多すぎ&ちょっと荒れすぎでクロの反応はほとんどありませんでした(イカは凄かった〜)。
もう少し風が弱くて新堤&ハナレまで行ければ状況はは全く違ったと思います。
次回は今週平日に1回いくつもり。今週末の25日/26日は予定が入って出撃できません。その次は11月8日か9日か。今日が最終戦の釣友もたくさん居ました。そろそろ店じまいの季節。最終戦はいつにするか?

2008年10月12日

10月11日野島防波堤釣行記

10月11日予定通り野島に行って来ました。午前中は上げ潮で潮も低く厳しいのでパス。睡眠充分で12:00便に向かうと夕方の下げ潮狙いの方が集結。夕方北11mの風が吹くとの予報もありTさんにクロariさんにZ乗りさん、黒研Mさんに8日も一緒のF名人にY名人も集まってます。
定刻どおり12:00に出船。新堤に向かいます。Tさんに黒研Mさんとフッコ狙いの方の合計4名が釣行。15:30までは我慢の釣行と思いきや、潮も下げ潮のように緩く流れ、濁りもそこそこ入っています。早速沖側を狙うも流れたり止まったりしています。上げ潮が流れ始めた13:00頃、黒研Mさんが台の先で魚を掛けるもバラシ。14時過ぎに私も台の先で魚を掛けるも根ズレでバラします。新堤に降りたときは雨がパラつくも14:00頃から日差しが入ります。ウェーダーを履いているので超暑く途中何度も休憩。15:00頃から下げ潮が断続的に流れ始めます。15:30の船で久しぶりのM崎さん来堤。日も傾き、潮が流れ始めた16:20頃、M崎さんが新堤真ん中でレギュラーサイズを仕留めます。数分後ハナレをみるとZさんYさん2名がやり取り中。時合いと思って真剣モードになると看板前で1mくらいのタナでお手本のようなSTOP!!46cmをGET。潮も緩く流れていい感じになってきます。16:50頃、同じく看板前で竿半分くらい落としたところで竿先に重みを感じるようなアタリ!!これは良く引いた45cmを仕留めます。その後はマイルポスト付近でアワセ損ね+数回怪しい反応が出ます。1往復した後の17:20頃、マイルポスト手前の1mくらいのタナでSTOP!!これは横に走ってめちゃ引いた47cmをキャッチ。その後黒研Mさんが1枚仕留めるも暗くなってアタリが遠のきます。アジ狙いは今回も不発。18:30頃から北風が急に強くなって結局19:00に早上がりとなってしまいました。この風、2時間前くらいに吹いて欲しかった。。。
新堤はTTL5枚、夕方青灯でも時合いがあったようで青〜ハナレで6枚出たそうです。
早くも黒鯛釣り終盤戦。来週の日曜日はクラブの最終戦。ナライが吹かないと厳しいと思いますが頑張ってみます。

2008年10月10日

10月8日野島防波堤釣行記

d2ebe41d.jpg実は8日に野島に行ってきました。9月の締めが終わって比較的休みが取りやすい10月。期首の仕事が一段落ついたのもあって休暇を取って釣行してきました。
朝は起きれず、午後の下げ潮を狙って12:00便に向かうと野島と横浜の大名人ばかり5名が集結。横浜ではさほど風も無かったのですが野島は北東10mくらい。青灯で爆釣との情報もあります。新堤に行きたかったのですが、安全な青灯に降りることにしました。
青灯ではC大名人他2名の名人が降ります。午前中4枚釣った○嶋さんに聞くと半ピロのタナで掛けたとのこと。青灯は荒れて頭から潮を被る状態です。早速竿1本のタナに絞って平場を狙うと12:30頃、クズレで魚が掛かるも沖に走ったところでバラシ。しばらくするとC大名人が魚を掛けています。その後クズレ〜オカマ周辺を探るも反応無し。諦めて看板方面に向かうと別荘で釣行していたC大名人が3枚、F名人も2枚とのこと。時合いがあったそうです。しばらく看板〜別荘の間で粘ると立て続けに3回掛けるもバラします。最初は沖に走ってハリス切れ、30僂らいのタナで当たった2回目はアワセが弱かったかすぐに針ハズレ。最後の1枚も荒れた海で浮き上がった時に反転されて針ハズレ。その後C大名人と会話しているときにもタナでアタります。これは無事取り込み。42.5僂任靴拭その後別荘でC大名人が1枚GETで合計5枚、オカマに戻るとF名人も3枚GETで合計5枚とのこと。ハナレで釣行していたM名人も6枚キャッチ(荒れまくっているハナレには私はとても行けません。。。)。青に降りた名人連はすさまじい釣果で実質3時間の釣行を終了されていました。
私は終了間際にオカマで45僉■院ィ坑毅記圓釣れて合計2枚も、6回掛けて2枚のみという打率の低さでした。釣果といい、GET率といい、こんなものでしょう。
今回の釣行で非常に大きな収穫は、荒れた青灯〜別荘でのC大名人の釣行を30分以上ストーカー出来たことです。大変勉強になりました。
次回は今度の土曜日を予定。次回も期待!!

2008年10月05日

10月4日野島防波堤釣行記

7dcda6c3.JPG予定通り野島に行ってきました。ちょうど今年30回目の野島釣行。今年は黒工大会以外は横浜に行っていないので野島の回数は多いものの昨年とほぼ同等の黒鯛狙いの釣行回数です。またも朝から夜までのマラソン釣行。夜は再度のアジ調査を予定。村本に着くと久しぶりのTさんにKJ師匠、クロariさんにMさん、クラブの副幹事長が居ます。事前情報では村本のHome Pageにもあるとおり透け透けとのこと。正直あまり期待せずに出撃しました。
村本は投げ釣りの方がかなり居ます。8:30の定刻通り出発。30名くらいが沖に向かいます。沖に出てみると充分なニゴリ!!ドックではクロariさんにMさん2名のみ、ドック先も2名のみでほとんどの投げ釣りの方は青〜ハナレで降ります。
新堤は私とKJ師匠とTさん、フッコ狙いの方の合計4名のみ。濁りは充分も降りてしばらくは潮があまり効いていません。台の上は不発。平場も竿1本のタナに絞って狙い続けるも2往復は反応無し。潮が流れ始めた3往復目、潮が流れるマイルポストと馬の背コバの間の竿1本のタナで鮮明なSTOP,強烈な引きをした44.5僂鯡技キャッチ。ちょうど9:30でした。
その後11:00頃までは2アタリ1バラシ+超巨大クロかエイによるハリス切れ1回と状況は悪くなく、Tさんもヒッタクリアタリが出たりと期待が高まるものの平場の活性がだんだん落ちてきます。
11:00過ぎに潮が高いもののKJ師匠と馬の背に向かいます。馬はヘチは潮がほとんど流れません。11:30過ぎにKJ師匠が竿2本くらい先で45僂鬘韮釘圓眷呂稜悗呂海竜のみで終了〜。びしょ濡れになったのみでした(馬に行かなければ良かった・・・)。
その後昼寝をしたり青灯側コバを狙うも不発。16:00便でドックからクロariさんにMさんが来堤。他にクラブのT倉名人、○畠さん他7名くらいのグループの方も来て新堤も活気が出ます。
南風が強く、内側が潮も流れ濁っていい感じですが17:30頃にMさんがレギュラーサイズを沖側でキャッチ。暗くなってから下げ潮が流れ始めます。岩イソメで狙ってた○畠さんに1発当たり、私も一度魚種不明の魚に岡○さんの横でハリスをブチ切られるも結局そのまま20:00となりTHE END。アジは少し狙ったものの撃沈でした。疲れたものの大変楽しい1日が終了しました。
午前中の2時間くらいは新堤タナをホント真剣に狙ったのですが、怪しい反応も数回あったものの、たまたま釣れた1枚のみとちょっと反省点残る状況でした。そろそろ潮と風を選ばないと厳しい季節になってきました。
来週以降はアミコマセを携えてアジ狙いを中心にします。

2008年09月28日

9月27日野島防波堤釣行記

45afca7b.JPG昨日野島防波堤に釣行してきました。朝から夜までの13時間釣行。前日から前線通過の南〜北の爆風が吹くも潮が低いので多少強くても出船すると思い出撃。睡眠も5時間程度確保し6:00過ぎに村本に到着しました。
村本にはクラブのZ乗りさん(既に夜まで釣行予定)、黒研Sさんや、常連組ではYさん、黒研Mさんの各名人が強いナライで集結しています。
ナライ10〜11Mですが、定刻どおり出船。とりあえず午前中は青灯に向かいます。青灯はYさん、黒研Mさんの各名人も降ります。早速オカマ周りを何度も探るも反応無し。既に名人2名はハナレに向かっています。遅れて私もハナレに向かうと看板先くらいから潮が当たっていい感じ。ヘチと竿1本先を交互に狙うと別荘入り口の竿1本先でクロが掛かるも数回のやり取りでバレます(残念)。ハナレでも一発当たたるものの針掛かりせず。オカマに戻って沖を狙うも1回ツブ潰されアタリが出ただけで午前の部は終了。下げ潮が利き続けているオカまで黒研Mさんが1枚GET。Yさんも朝カイヅを1枚GETしていて、私のみ魚が釣れませんでした。
午後の部は新堤にするか悩むも、午前中1人しか降りていないドックに向かいます。ドックは完全な上げ潮の時間にもかかわらず沖から東面に当たる下げ潮が利いています。濁りも入っていい感じです。昼の船で来たM月さん含め3名が釣行。13:00頃、潮が当たる東面の灯台側を落とすと1mくらいのタナでSTOP!!中々いい引きをした48cmをGET!!その後も沖面のタナでスッポヌケ、15:00頃には丸環奥で1枚魚を掛けます。さほど引かないので超強引に巻き上げると魚も全開となって根ズレでバラシ(超残念)。ドックも悪くなかったのですが16:00便で新堤に向かいました。
新堤は13:00過ぎの時合で4枚、15:30過ぎにも2枚出たそうで午前の釣果含め7枚出ています。Z乗りさんが2枚、Yさんが昼から3枚仕留めているとのこと(新堤に行けばよかった・・・)。下げ潮も流れいい感じです。降りて1流し目の真ん中くらい、1ヒロいかないタナでSTOPアタリが出るもタイミングが完全に遅れ掛け損ねます。魚が確かに居るようです。17:00頃Yさんが1枚GET,私もその数分後にハリスくらいのタナでSTOP!!これはめちゃ引いた43.5僉△気蕕烹械以後にもYさんがカイヅをGET(これでYさん1日6枚。。。さすがです。)、その後私もサイズの割に良く引いた38.5僂鬘韮釘圈0鼎なってからはアジ狙いをするも全く反応無しでした。
午前中はどうなることかと思いました。午後〜夜はYさん、Z乗りさん始め皆との会話もあってめちゃ楽しい時間を過ごすことが出来ました。
今年の稚魚放流は参加できそうにないです。次回は来週土曜日か。
クラブのNO.1黒鯛病患者のZ乗りさんは今年12月まで釣り続けるそうです。NO.2の私としても出来る限り付き合います!!(途中諦めるかも)

2008年09月14日

9月13日野島防波堤釣行記

昨日野島防波堤に行って来ました。夕方の下げ潮を狙うも、朝の落としも狙っての1日釣行。前日の深酒も残りますが気合を入れて出撃。少し遅めに到着するも駐車場はギリギリでした。今日は前回の大会で貰った無料渡船券で出撃(無料渡船券を使うと過去あまり釣果が良くないです)。さすがに3連休で混雑。名人の方も大師匠、KJ師匠、Fさんを始め、クラブの久しぶりの金○さんやZ乗りさんなどたくさん集結しています。
モーニング狙いで朝一はドッグ、午後か夕方便で新堤に向かうことにしました。
沖はかなり透けています(前日まではかなり濁っていたとのこと)。ドックにはKJ師匠含めFさん、ドック常連のMさん、クラブのIさん含め10名が降りました。朝一KJ師匠は丸環狙い、約4名で北面落とし競争をするも私はスカ。真横でIさんがカイヅをGET。下げ潮がいい感じも結局モーニングは1枚のみ。8:30便でKJさんが大師匠と金○さんが居る赤灯に移動します。
10:00過ぎから上げ潮が入ります。11:00頃、Mさんが灯台横のタナで良型をGET!!私も11:30頃に丸環の奥で1枚掛けるも最初の一撃の前に巻き上げられず、強烈に潜り込まれてハリス切れ(残念)。水温が上がった14:00過ぎにもMさんが灯台横で1枚、M島さんも平場でチンコロ1枚GET。この頃から餌とタナに迷いが出ます。15:30過ぎにM島さんが54僂硫獣サイズをGET(いきなり手まで持っていかれたそうです)。ドックもちょっと気配が良くなったのですが、コマセ釣りの人がコマセを蒔き始めたり、16:00便で10名くらい降りたのでFさんと予定通り新堤に移動します。
新堤で下げを待つも全く流れず。やや強めの南風の影響か内側の潮が効いています。
すると内側を狙っていたFさんにバラシ、すぐに昼から来たT倉さんが真ん中内側で1枚GET!!内側は私以外の方にもアタリが何度も出ていい感じ。Z乗りさんも馬の背台の上で良型をGETします。その後もいい反応が続くも日没となりTHE END。結局下げ潮は19:30過ぎまで全く流れませんでした。これで13時間の長い釣行が終了、ドックで1バラシに数回怪しい反応があったのみで完敗の完全ボーズでした。トホホ。
野島全体では夕方の満員状態のドックオカマで17:00頃に時合いがあったようでM島さんが5枚を筆頭に全体で20枚近く釣れ、悪くありませんでした。ドックでは結局1日で10枚以上魚が出ました。
朝から名人Fさんとずっと釣行していましたがお互いかなり反省。思い当たる敗因(餌やタナの迷い、狙う場所の選定、ちょっとイライラしたりとメンタル面など)も幾つかあるものの、最後まで全く修正できませんでした。自分の下手さを痛感した1日でしたが、非常にいい勉強になりました。
次回は20日を予定。釣友の5回忌兼ねて野島に行ってきます。

2008年09月07日

9月7日野島防波堤釣行記

75d7ae87.JPG9月のクラブ月例大会で野島に行ってきました。今日は懇意にしている東京湾の釣りクラブとの交流会。野島の状況も悪くないとのことで期待が高まります。
前日は映画にサッカーを見ながら出撃。実質3時間くらいしか寝ずに野島に向かいました。
さすがに今日は両クラブ合わせて40名強が参戦、釣果1枚のポイント制(全長×重さ)で競います。緩いナライのためどこに行くか悩むも午前中はドック、午後は青灯に向かうことにしました。
定刻どおり出船。空は曇天で緩いナライ、濁りはまずまず。ドッグには両クラブ合わせて10名くらいが降ります。ドック先が人気のようです。
降りて早速丸環を狙うも全く潮が効いていません。数回餌を投げ、諦めて後ろを振り帰るとクラブの水戸在住の名人Oさんが平場でアワセを入れています。非常に良い引きをした47cmを無事GET!!やりとりを見て気合が入るも潮の流れが弱く、全くアタリ無し。上げ潮が流れないため下げ潮を待ちます。
10:00頃、平場のイワシが泳ぐ方向が朝とは逆になりました。潮が変わったようです。早速北面に向かうと交流会のクラブの方が北面で魚を取り込んでいます。底で食ったとのこと。潮の流れが変わって魚が口を使ったようです。
10:30頃にはいい感じで潮も流れ出し雰囲気が良くなりますが、さすがに皆でヘチを狙うため(魚も警戒したためか)アタリが出ません。11:30頃、誰も狙っていない北面右手角の先にあるカサゴ根(皆でカサゴを釣る時狙う根)でも狙おうと沖にツブを投げると何と中層で強い引き込みのアタリ!!思い切り合わせ、やり取り開始。結構良く引くも場を荒らさぬよう強引にやり取りをして取り込んだ魚は48.5僉■院ィ沓記圓領彪拭!この魚が出たため青灯に向かうのを止めました。
昼の船で朝から一緒に居たZ乗りさんは青灯に移動、交流会のクラブの方は全員上がります。ところが投げ釣り師が3人もドックに来堤・・・。Oさんと一緒に必死になって北面で竿を出させないようブロックします。
引き続き北面や平場はいい感じなのですが、ピーカン無風で非常に暑く、かなり体力消耗。13:10頃からまたも昼寝をしてしまいました。
私が睡眠中の13:30頃、独り北面をブロックしているO名人が50.5僂鬘韮釘圈!釣れたという声で起床します。寝てる場合ではないと竿を持って北面に出撃。頭がぼーっとした状況であまり覚えていないのですが、ヘチを2〜3回落とした後、体が勝手に反応してアワセが入り(多分STOPが出たと思います)魚が掛かります。ネットインするまで釣られたと気が付かなかった魚は50.5僉■沖團献礇好箸領彪燭任靴拭
ドックは14:30過ぎまで下げのように潮が流れいい感じなのですが、投げ釣りの方が平場に侵入し始めて状況がかなり厳しくなります。
終了間際にOさんが丸環で魚を掛けます。長いやり取りをするも残念ながらハリス切れ。これでドックでの長い1日が終了しました。
青灯は午後オカマ周りで数回時合いがあったりと好調でした。H名人が朝から4枚を筆頭に午後青に移動したZ乗りさんが2枚GET、画家さんも2枚など、かなりの数魚が出ました。クラブ全体では今日1日で17枚(だったかな)出ました。
私は50.5僉■沖圓猟牴未覗澗里韮外未任靴拭1位は栃真さん、2位はOさんでした。
今日は厳しい中入賞も出来て言うこと無いです。仕事忙しいですが、この9月も何とか毎週末頑張って通ってみます。

2008年08月30日

8月30日野島防波堤釣行記

2bf64d15.jpg予定通り野島に行ってきました。朝起きると武蔵境は大雨。雷も鳴ってますが構わず出撃。6:00頃村本に到着もガラガラ。天候が悪いのと潮もあまり良くないので皆敬遠しているようです。昨日は出船しなかったとのことで防波堤がこの時期2日も休んでいます。おまけに村本前は茶色の濁り(川の泥濁り?)。信じられないことに黒鯛屋さんは私のみ。他にルアーの方が1名に赤灯宿泊者が5名の計7名で出港となりました。
行き先はルアーの方と相談し新堤。沖はナライ6mくらいで曇り。潮も茶系の濁りで一見最高な状況です。超期待するも平場は3往復するもスカ。馬の背は荒れて良さそうです。即馬に渡ります。ドキドキしながらヘチを狙うも全く反応無し。水温は低く、水潮で塩分濃度がかなり低下しています。状況はあまり良くありません。9:00過ぎた頃、半分諦めで電柱4番の前で沖にツブを大遠投をすると何と黒鯛が掛かります。非常に暴れた42cmをGET!!ほっとしたものの結局午前中はこの1発のみ。11:00頃からフッコ狙いのルアーを投げるも乗らず、午後はドックに移動しました。
ドックでは8:30船で青に降りたZ乗りさんに12:00船で来た浜松のMさんの3名で釣行。この頃から日差しが出ます。
ドックも濁りはいいものの、14:00頃までは全く反応無し。疲れて灯台横で昼寝をしてしまいました。
いい気持ちで寝ていると14:20頃、「釣れました!!」と浜松Mさん!!灯台横の内側平場タナで良型を食わせたそうです。日差しも出て水温が上がったようです。潮の流れも平潟湾からドック堤に当たり、下げ潮のように流れています。平場タナで食ったのなら丸環に上がっているのでは?と起床後即丸環を狙うと第一投で魚が掛かります。これも非常に良く引いた51cmをGET。その後14:40頃に平場タナでレギュラーサイズを仕留めます。すぐ後に浜松Mさんも1枚GET。15:00頃には本日最大魚の52.5僉■押ィ賢圓ほとんど向こうアワセのような引き込みのアタリ(これもハリスくらいのタナ、平場)でGET。その後立て続けにレギュラーサイズを平場のタナ(全て竿1本以内のタナ)で2枚をGET。気味が悪いほど私にアタリが集中しました。
結局合計6枚、重さ合計で10坩幣紊鬘韮釘圈8畫庵罎聾靴靴ったものの、終わってみれば非常に良い1日でした。
日差しが出て水温が急速に上がり、午後急に活性が上がったようです。
餌は全て大きめのツブ。ドックの後半は平場のタナ狙いに絞ったのが好釣果につながったようです。
魚は各所に居るようです。しばらく濁りもあると思うので超期待。明日も行きたいです(無理ですが)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: