2009年野島防波堤釣行記

2009年10月10日

10月10日野島防波堤釣行記

10月10日その1今年最後のクラブの月例会に出撃してきました。前日はDEEPな飲み。かなりきつかったのですが太平経由で7:30前に村本に着きます。土曜日の月例会のためか参加者はやや少なめ。満潮9:00頃、ナライ強めでやや期待が持てます。新堤は混雑すると予想されるので今年最後の月例会は青灯に向かうことにしました。
青灯では20名弱が降ります。クラブメンバーは9名が降ります。北東6〜7mで曇天で潮は透け気味、既に緩く下げ潮が効いています。餌はここのところお気に入りのタンクのツメ。マイルポスト付近からハナレ方面に向かってタナを狙うと1回アタり、ツメを取られます。期待してタナを狙うとブッツケ手前の1ヒロちょいのタナでSTOP!!強烈な引きをした51cm、2.2kgを無事GET。その後ハナレまで向かうも反応無し。折り返しも反応無し。9:45頃、オカマに到着します。潮もいい感じで流れているのでツメを沖に投げると鋭い引き込みのアタリ!!良く引いた40.5cmを仕留めます。その後は皆に散発でアタリが出るもやや人が多いのか気配が遠のきます。午後も青灯にSTAY。10月10日その2日も差して濁りも入りだし、いい感じになってきます。13:50頃、ドック先でKJ師匠が魚を仕留めるのが見えて気合が入るも14:20にはクロ狙い中止。エギでイカ狙いに変えます。イカは小一時間狙いましたがY田さん(イカ大漁でした)に教わった狙い方で良型のスミイカを1杯GET(これは超嬉しいです)。Mさんはスミイカにアオリを1杯づつ仕留めています。その後青灯は異常無しで今年のクラブ例会は終了。新堤ではT倉さんがクロ1枚に35.5cmのシマダイ、ドック先ではKJ師匠の他に大師匠も1枚GETしています。大会は51cmの釣果で私が優勝となりました。渡船券に有機野菜のギフト券(IZさんから差し入れいただきました)を頂いてしまいました。
今日もクラブの全ての釣果はカニかツメ。半月前まで約一ヶ月間、ここ数年で最大の不調でしたが、大師匠から教わったタンクのツメ釣法+小針はかなり効き目があるようです。釣りの引き出しが1つ増えました。
今週で野島定期釣行をやめるつもりでしたが渡船券を頂いたので10月一杯はイカ本命で週1回の釣行を継続します。

2009年10月04日

10月3日野島防波堤釣行記

10月3日釣果前日からの強い南風の影響があるのも判っていましたが、朝から野島に行ってきました。10月から朝便は8:30出船、12:00便に15:30便(半夜戻りは20:00)と村本の出船スケジュールが変更になります。半夜はこの時期アジが狙い目。しかも野島流ぶっこみ釣りで昼の時間もアジが好調とのことで夕方までは本命アジ、16:30以降18:00頃まで黒鯛狙い、その後は電気ウキ仕掛けでフカセアジ狙いの釣行をすることにしました。
7:00頃村本に着くと強めの南風で暑いくらい。この時点の天気予報は9:00くらいまで雨でその後は晴れるとの予報、濡れても乾くだろうとゴアテックスの夏用の合羽で出撃(これが大間違いのもと)します。
定刻どおりに出船(合計15名くらいか?)、新堤に向かいます。新堤は毅擇気鵑2名、さすがに南風が強く透け透け。落とし潮が入っていればと思い新堤を片道探るも全く潮が効いていません。10:30ソコリも既に上げ潮がガンガン流れています。諦めてぶっこみ仕掛けでアジを狙うも全く反応無し。9:00頃から大雨が降り出します。何度か小康状態になるも薄手のレインコートは雨がしみ込んでびしょぬれ。10:30頃から前線が通過したようでナライが吹き出すと最悪。更にひどい大雨&11:30頃から竿が帯電してバチバチし始めると近くで雷が落ちだします。身の危険を感じ始めた頃に12:00船でいったん撤収。雷が通りすぎれば15:30船を出すとのことで3時間近く待機します。
15:30に再度防波堤に向かいます。全体で15〜6名か、クロにイカも名人のM嶋さん、クラブメンバーはZさんが居ます。Zさん含め5名で再度新堤に向かいます。
午後の新堤は7〜8mのナライ&潮が高くて気配満点。16:00過ぎから数回タンクのツメにアタリが出ます。16:30頃の下げ潮が程よく流れ始めた看板手前の深めのタナでSTOP!!強烈な引きでなかなか上がって来なかった50cm 2.6kgの良型をGET。その後も真剣に狙うも反応無し。暗くなってからアジを少し狙うも反応無く終了。Zさんは暗くなってから2枚クロをGET,M嶋さんはクロ2枚にアオリ4杯と絶好調でした。

昨日の釣行ですが、2点大きな学びをしました。1点目は針。チヌ針1号まで針のサイズを落としてクロの唇に掛ける釣法に変更しましたが、今回もちゃんと唇に刺さっていました。しかも2.6圓龍烈な引きに充分耐える強度も確認出来、いままでの不安を払拭出来たことは大きいです。掛けた後のバラシも今のところ無し。やはり今まで針が大きくて歯に掛かり、バラシまくっていたことは間違いないようです。これからは積極的に小針を使ってみます。
2点目は夜釣りの餌。今まで夜釣りは虫餌の脈釣り(3B×2個付け)で狙っていました。今年は数回夜釣りをしていますが、虫餌にはクロは食いつかず、むしろタンクやツブで狙っていた人に当たりがありました。昨日はZさんが暗くなってからタンクで4回掛けて2枚GET。私は(タンクもありましたが)あえてアオイソ縛りでタナの脈釣りで狙うもアタリは皆無でした。野島の夜釣りはタンクなどのカニか、盛期はツブで狙ったほうが確率が圧倒的に高いと思います。昔の野島や横浜では虫餌は効き目があると思いますが、水が良くなりメバルやカサゴ、タナゴの外道が多くなった現在の野島では夜釣りの虫餌は逆に確率を下げると思います。
来週はクラブの今年最後の例会。釣れないと思いますが、終了後風が良ければ夜まで釣りをしてしまうかも。

2009年09月26日

9月26日野島防波堤釣行記

9月26日釣果連休のリベンジを兼ねて(懲りずに)野島に行ってきました。本命はイカ狙い、黒鯛はほとんど諦めつつも期待しての出撃。太平経由で村本に着くと昨日出撃したクロariさんにMさんが居ます。昨日は全く駄目だったようで本日も期待薄。KJ師匠にU幹事長、Zさんに息子さん連れのN嶋さんが居ます。そして先週何とクラブに入会したY田さん、IZさんも居ます(クラブも活性が高まってきました)。満潮11:30頃、ソコリ14:00過ぎ、ナライ強めで盛期なら会社を休んで釣行する潮周りですが、ここのところ野島は全く期待できません。上げはイカ狙いで新堤に向かうことにしました。
新堤で降りた人は合計3名、バードさんにIZさん、潮はナライで押されてトロトロ流れています。1往復して反応無く即イカ狙い。イカは1回乗るもアワセ切れしてしまい、ボーズで終了。完全にやる気を無くします。10:00過ぎに仕方なくヘチ釣りを開始するとバードさんが台の先でタンクを取られたようです。潮も濁りが入ってきて下げ潮が流れれば活性が上がるかな?と考えていた10:45頃、コバヘチの竿1本ちょいのタナでSTOP、49.5cm,2.19kgの良型が掛り無事GET!!餌はタンクの爪、針も1号まで落とし唇に掛けた1枚でした。その後私にはアタリ無し。12:00前にIZさんがタンクで45cmを1枚GET、昼船でKJ師匠にTさん、Zさん、N嶋さんにY田さん、先日52cmを捕ったN島さんが来られるも反応無く16:00船で戻りました。新堤
新堤で当たった餌は全てタンク。IZさんが仕留めたクロはカニしか食っていませんでした(ツブは一切無し)。今年はカニが当たり餌であることを実感。タンクは苦手ですが、ツメなら餌のコントロールも容易ですのでしばらくツメ縛りで釣行してみます。。

2009年09月23日

連休の結果。。。(涙)

21日と本日23日に野島に行ってきましたが全く駄目でした。
21日は7:30〜16:00で出撃。曇りでナライのいい感じの日。この時期実績ある新堤に行きます。
濁りもあっていい感じでしたが潮がちょっと早め。平場をさっと調査して馬の背側台の上にツブを投げると「コツン」というアタリ、即合わせるも素針を引きます(残念)。12〜3名で混雑する平場を避けて独り馬の背に向かうも11:50頃に1発当たっただけ。新堤に戻ると青灯コバで大師匠が良型をGETしていました。午後はドック先に移動。全くアタリ無く(一緒に移動したIさんは終了間際に廊下内側で1枚仕留めました)撃沈してしまいました。

本日23日は午後予定があるため7:30〜12:00で出撃。再度新堤に向かいます。大師匠にT倉さん、IさんにH間さんやC大名人、F名人などゴージャスなメンバーで新堤を攻めます。8:10頃にT倉さんが台の先で1枚GETします。21日より潮もトロくて雰囲気は良い感じです。しかし平場では2回潰される(1回は一瞬針に乗るも外れ)ものの、その後は続きません。11:00頃に馬の背に向かうと11:30頃に待望のクロが掛かり、しばらくやり取りをするも何と針外れ(結構でかかったのに〜残念)。11:50頃にも1回当たるも針掛かりせず時間切れ。
期待の連休は趣味でストレスが溜まる最悪の連休でした。群れが入ると一瞬調子が上向くものの、群れが留まらない感じです。先週金曜日15枚魚が出たようですが、翌日の日曜日は1枚、月曜日は4枚、昨日は3枚、本日は午前中は1枚のみ。C大名人もここのところは今ひとつの状況とのこと。「今年はタナで釣れない」とお話されていました。狙い打ちできる潮がしばらく土日に重ならないのでこのまま終わってしまう可能性もあります。仕方ないので次回釣行から休養に入り、エギでイカ狙いに変更することにしました。

2009年09月13日

9月12日野島防波堤釣行記

懲りずに今日も野島に行ってきました。11:00満潮で14:30ソコリの小潮、先日竿を壊したのでしばらくはサブロッド(ガマヘチ)で釣行です。今日は人が少なめ、全体で20人くらい。クラブメンバーは大師匠にKJ師匠、クロariさんにZさんにシオケンさん、Iさんが居ます。天気予報は南風ですが、ナライが吹いています。午前中は前日良かったドック、午後は新堤の釣行プランにしました。
ドックはクロariさんにH名人他常連の方2名。合計5人と少な目。魚も丸環を中心にあちこちに見えます!!期待して狙うも反応無し。9:00頃に遠投で2番目の丸環まで飛ばすと2回潰されアタリが出たのですが針掛かりせず。その後は期待していた下げ潮もほとんど流れず、呆然となるような状況。12:00船で新堤に向かいます。
新堤には午前中ドック先で1枚仕留めたZさん、KJ師匠、黒達会Mさんが移動してきます。ナライも強まり濁りも入り新堤は雰囲気充分。午前中はIさんが2回バラシとのこと。期待して釣行すると、14:00頃マイルポストでMさんがやり取りをしてます(51僂任靴拭法これを見て私も少しパターンを変えて狙うと10分後くらいに魚が掛かります!!大アワセを入れてやりとりすると途中何と針ハズレ。その後もう1回魚を掛けるも追いアワセを入れたところでバラシ、他に3回当たるもスッポヌケ2回+潰され1回で終了。1回目のバラシで針を変えようとしたのですが、別サイズの予備の針を忘れていました。。。この時合中にZさんがレギュラーサイズを1枚仕留めています。結局14:30頃には時合終了、16:00船で戻りました。野島全体は状況に比べて非常に厳しい状況で合計4枚のみでした。
備忘録として書くと(Blogに書きたくないのですが)、ここしばらくバラシが多すぎです。バラシた2回とスッポヌケしたものはいずれもツブは無傷。ここ数ヶ月のバラシは全てこのパターン、STOPで体が反応するのですが、聞きアワセ/アワセが早すぎるようで、アワセの歯車がかみ合っていません。次戦は大師匠のアドバイスをもとに幾つか修正して臨みたいと思います。

2009年09月08日

9月5日6日野島防波堤釣行記

5日(土)、6日(日)と野島に行ってきました。
5日は仕事終了後の16:00便で出撃。野島はナライで濁りあり最高な状況。満潮17:30以降の下げ潮期待で新堤に向かいました。
午前中から新堤に居た黒研Mさんは馬で3枚、16:00頃にも1枚捕ったとのことで超期待。これは絶対魚が居るだろうと気合を入れると17:00頃にタナで横っ走りのアタリに潰されアタリが出るも針掛かりせず。18:00頃には看板の底付近で魚が掛かり、ギュンと引いた瞬間にハリス切れ。針の結び目で切れてしまいました(黒鯛の歯が当たったか?)。この日はこれで終了。他の人も条件の割にアタリがほとんど無く、超期待ハズレで終わってしまいました。

6日はクラブの9月度大会でした。連日の釣行ですが飽きずに出撃。前日の状況からほとんど期待せずに向かいました。
7:00船は強いナライ(北東10mくらい)で青灯限定、40人くらいが降ります。いくら何でもこの条件なら食うだろう、と降りて早速オカマ付近を狙うと素針を引きます!!前日とは違うと真剣になるも、青灯に人が集中したためかその後は信じられないくらい反応なし。ハナレで折り返すとN嶋さんが1枚仕留めたとの情報!!また気合が入るもその後は何〜も無し。午後はKJ師匠とドックに移動します。丸1日防波堤が休んでいます。降りた人は8名、期待できます。既に内側はいい感じで潮が流れるも、誰も反応なし。あまりにも反応が無いのでため息+独りでブツブツ言いながら釣行。独り言が多い日はまず駄目です。結局ドックでも何も当たりませんでした。午後は海龍で餃子とビールを飲んでたほうが良かった。。。
大会はN嶋さんの1枚(野島全体でもこの1枚のみ)で終了となりました。
疲れ切っただけの野島2日連荘の釣行は終了。疲労で注意力が完全に途切れたためか、帰りにちょっとしたアクシデントで竿とリールをぶっ壊してしまいました(トホホ)。竿とリールを壊した程度で済んで(事故を起こさないで)マジで良かった...。
そのまま風呂に入ってビールを飲んで21:00には寝込んでしまいました。
この時期良い日と悪い日の差が激しいですが、この2日間は野島の状態はかなり悪かったです。台風以降、ナライで底荒れ状態が続いたこと、落ちの群れと群れの間のようで気配も無し。KJ師匠曰く、一潮待ったほうがいいのでは?とのこと。横浜ではまた釣れ始めたので暫くしたらまた戻るでしょう。

2009年08月30日

8月29日野島防波堤釣行記

8月29日今年23回目の野島防波堤釣行に行ってきました。ここのところ野島は非常に渋い状態ですが予定通りの13時間釣行。村本に着くと13時間釣行予定のZさんにクロariさんにMさん、久しぶりのTさんに新入会員Fさんのペア、そしてKJ師匠にN嶋さんが居ます。南風で長潮、一日ずっと上げ潮です。野島の状態も良く無い中、こんな条件の日に13時間釣行するのもちょっとね〜という日ですが、もう誰にも止められません。上げの南風なので赤灯に行きたかったのですが、泊まりの方が居るとのことで前回も厳しかったドック堤に向かいます。
ドックはMさんにTさんFさん、ドック常連Mさん他2名の合計7名です。8:00頃にドック常連Mさんが内側沖の底で1枚仕留めます。日も差し濁りも入ってきて悪い感じではありませんでしたがその後は激渋。Mさんや私に小アタリがあるものの、クロの反応はほとんど無し。魚が居るとの情報で12:00船でドック先に向かいます。
ドック先はZさんが既に1枚捕っています。ドックから移動したMさんに新堤からクロariさん、Y田さんも来て早速釣行。潮はやや透けているも良く流れています、丸環付近に魚が居るようです。13:30頃にY田さんがバラシ、14:30頃に私も平場で潰されます。潮も上がり、濁りも入ってきた15:20頃に丸環際にツブを落とすと引き込みの強烈なアタリが出て際の溝にクロが潜ってしまいました。10分くらい出てくるのを待つも迷惑になるので手で道糸を引っ張ったらハリスの上のほうで切れてしまいました。その後Zさん、Mさんが立て続けにGET。私も小型を1枚掛けるもハリが外れてしまいました。
そのままドック先で釣行したかったのですが、天気予報が悪いためドック先は全員移動、人が少ない新堤に向かいます。
16:00からの新堤はドックから移動した名人Yさんと2名のみで釣行。16:00まではKJ師匠が内側平場で1枚捕っています。南の風で上げ潮、風も弱まったためか潮は両端のみ動いているだけです。内側を真剣に狙うも気配なし。馬の背側台の上はクロが群れているも口を使いません。17:30頃、Yさんが内側平場でレギュラーサイズを1枚仕留めます(凄い!!)18:20頃、魚が見えなかった青灯側台の上の張り出しの先を狙うと37.5僂離イズが掛かります(良かった〜)。その後19:00頃まで粘るも反応無く釣行終了。超厳しい13時間の修行が終了しました。
16:00までの釣果を整理するとドック1枚、ドック先3枚、青と新堤で1枚の合計6枚、半夜はドックでは1枚上がったようです。青灯に向かったクロariさんは50僉■押ィ貝圓領彪燭鮖杜韻瓩泙靴拭9膩廝緩腓世辰燭茲Δ任后
ここのところ野島の調子もあまり良くなく、非常に厳しい釣行ばかりです。来週日曜日はクラブの月例会。今回の台風で少し海の状況が変わることを願います。

2009年08月22日

8月22日野島防波堤釣行記

8月22日釣果予定通り野島防波堤に行ってきました。今日はちびが少年野球の合宿で家に居ないので半夜まで釣行予定。夕方の満潮は潮も高く(2m超え)、八景の花火大会もあり釣行と合わせて楽しみです。少し潮が高いのが気になりますがとにかく家を5:10頃出発、6:30頃村本に着きます。クラブメンバーはKJ師匠に幹事長とZさん、栃真さんにIさん、シオケンさんが居ます。とみーさんはお子様連れ、混んではいないものの活気もあります。昨日の情報から沖はかなり透けているとのこと。お土産のイシガニを捕まえて船に乗り込みます。透けてても底を狙えるドックに行くことにしました。
ドックはZさんに常連さんの3名。人数的には申し分ないのですが潮は透け気味。北面は下げの急流のためか気配なし。丸環上は魚が数匹ウロウロしているも急流のためかやる気無し。平場を狙うも全く反応なし。Zさんに1回当たり、これからと気合が入るも8:30船で投げ釣りの人が3名+ヘチ釣りの方も2〜3名降りたのでZさんと新堤に移動することにしました。
新堤は朝一でKJ師匠にカイズ、Iさんに50僂出ています。平場は全く反応無し。速攻で馬の背に向かうも激流&透けていて全く駄目。1回怪しい潰されアタリが出ただけで終了(残念)。仕方ないので馬の背でタンクとダンゴを仕入れて平場に戻ると栃真さんが魚をGETしています。馬の背釣行中に新堤は何回かアタリがあったようでした。
午後は赤灯に向かう予定でしたが軽いアクシデント発生!!イシガニを入れた網と先日の野島杯でもらったストリンガーをドックに置きっぱなしにしていました(トホホ)。。。午後は仕方なく一度諦め混雑したドックに戻ります。
午後のドックは9名居ます。午前中は何回かアタリがあったようで1枚出ています。12:00便で半夜まで釣行予定の名人Yさんも居ます。潮は朝より濁りも入って改善していますが、半夜の満潮以降の下げが本番です。14:30頃、半夜をどこに行くか考えていると村本から連絡を受けたYさんが「今日は半夜無いって・・・。」半夜中止とのことで一気にやる気をなくします。
上げ潮もかっ飛んでいて気配をあまり感じません。赤灯のZさんに半夜中止の連絡を入れて階段横を落とすと底付近で根掛かりのようで竿を立てると何と生体反応!!普通の引きをした47.5cm、1.75圓偶然釣れてしまいました。その後潮に濁りも入っていい感じになるも残念ながら16:00で全員強制撤収となりました。
今日の釣果を整理するとドック2枚、青灯2枚、新堤3枚の合計7枚(多分)と澄み潮のせいか全体的に厳しい状況でした。
とりあえず1枚釣れたので良かったのですが、準備万端の半夜に行けなかったのでかなり残念。来週こそ13時間釣行をしたいです。

2009年08月18日

8月18日野島防波堤釣行記

8月18日本日は午後半休で15:00船で下げ狙いで横浜に向かう予定でしたが、午前中横須賀のお客様CALLがかなり早めに終わったのでそのまま全休にして野島に12:00便で向かってしまいました。午後はずっと上げ、16:30頃が満潮です。リハビリ釣行のつもりでしたが条件も悪く全く期待していませんでした。
村本に着くと全体で8人しか来てないとのこと。ドック2名、ドック先2名、青灯2名に赤灯2名。青灯か誰も居ない新堤に行くつもりでしたが、ドックが帰りで1名減るようなのでそのままドックに下ります。ドックは横須賀の名手A宮さんが既に2枚上げています。内側はかなり上げ潮が早く、気配も無さそうでしたが12:40位にツブでA宮さんが50兌紊鯤疹譴濃杜韻瓩泙后5を見ると気合が入ります。住友ドックに停泊中のでかい船がバラスト水を出しているのが気になります。すると13:00過ぎからタグボートが3隻集結、指揮船も到着(最悪。。。)、あのでかい船が移動するようでタグボートが曳航準備をしています。13:30頃から上げの潮がトロくなります。すると階段横の竿1本のタナでSTOP!!普通に引いた47.5僉■院ィ牽記圓鮖杜韻瓩襪海箸出来ました。少し前にA宮さんにアタリが出た後に掛けました(同じ魚のようです)。その10分くらい後にA宮さんが内側コバ付近で魚を掛けます。これは強烈な引きをした51僉■沖圍妝个里瓩舛磴いさ!!引きが強くてやりとりを見ていてもワクワクするようないい魚でした。
上げ潮が非常にいい流れになったのですが、残念ながら13:50位にはタグボートが曳航のためスクリュー全開となり、その強い流れがドック堤にぶつかり始めTHE END。船が移動した後は潮も止まってしまいました。終了寸前に丸環側コバで当たるも、浅すぎ(タナ50僂らい)でアワセ損ねて終了。全く期待していないのに1枚捕れたため大変満足な釣行でした。
A宮さんは午前2枚&午後2枚(さすがです)、他にクラブのI崎さんが青で2枚(朝一と終了直前の釣果)、赤灯で2枚(午後の釣果)、午前中クラブのK村さんが1枚捕っていて、1日で10枚魚が出ました。
ドックは全てツブの釣果。実はタンクを10匹も買いましたが、結局1匹しか使わず失敗しました。
予定外のリハビリも終了、今週末から秋モードの餌とタックルに変更して後半戦を迎えたいと思います。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: