2013年野島防波堤釣行記

2013年12月30日

12月30日野島防波堤釣行記

DSCF2805野島の最終戦に行ってきました。天気予報は晴れ、午前中凪で午後南風とのこと。釣行前からクロが釣れる見込みが薄く、正月用のアイナメを本命に朝一のみクロ狙いの釣行。村本最終日に30名強の方が集まります。クラブメンバーは会長にH瀬さん、菊さんの3名、投げのH輪先生にシーバス名人の京急さんも居ます。待合室でジュウベエの噂話をしていたところ、予期せず本人が参上・・・。定刻通り出船。本年最後の渡船ですが沖はベタ凪で薄濁り。新社長はジュウベエに付き合いでドックに向かいます。午後は擬磴気鵑面倒を見るとのこと。残っている下げ潮に期待して新堤・馬の背に向かいました。
新堤はH輪先生に京急さん他シーバサー5〜6人+ちょい投げの人数名が降ります。京急さんに馬の背を譲ってもらいアオサを使うと1回怪しい反応があるも明確なアタリは無し。3往復でクロは終了。アイナメ用に岩イソメを使うもフグのオンパレード。クサフグに高価な岩イソメを配給し続けるもアホらしくなり、馬の背撤収。平場はアイナメ狙いの方が1名居るも釣れていません。シーバスを狙おうとするもルアーは車の中…。仕方なくH輪先生の投げ釣りを見学後にアイナメ釣行再開。内側のケーソンを狙うと41cm、青灯側の台の上の溝を狙うと33cmを確保。狙ったピンポイント2箇所で正月の刺身が手に入り妙に満足してしまいます。DSCF2808午後はドック先に移動。ヘチでカレイを釣った擬磴気鵑汎れ替わりにドック先に降ります。ドック先はアイナメの反応は薄く○口さんの1本のみとのこと。しばらく真剣に狙うも全く反応無く、アオサでクロを狙うも全く反応なし。これで今年の釣行は終了しました。新年は5日に出撃するかも。
また来年もよろしくお願いいたします。

2013年12月29日

12月28日野島防波堤釣行記

写真 (2)スキーに行かずに野島に行ってきました。朝5:00頃起きたものの前夜の酒が抜けていないのでスキーは諦め再就寝。午後の下げ潮狙いで12:00便に合わせて10:20頃家を出て11:40前に村本着。本牧で北西風3m程度とだいぶ風が落ちていて、少し嫌な気配があったのですが村本についてみると西南西の風に変わっています。12:00便で青灯に降りると南西2〜3m。この風だと終了です。仕方がないのでヘチを狙うも沖側はベタベタで全く気配なし。若干濁りが入って潮色は悪くないのですが釣れる感じがしません。この時期は突然風が変わるので粘ってツブとアオサを落とすも全く反応なし。南西風は6m程度まで強まるも14:00過ぎに雲が出て若干落ち着きます。しかし沖側は潮が全く流れず終了、一発も当たりませんでした。サイト中心で青灯を4往復強歩きましたが魚も発見できず。約2か月続いた連勝は最終戦前に途切れてしまいました。この時期、クロ狙いなら北風は必須ですね。30日に今年の最終戦に出撃します。

2013年12月15日

12月15日野島防波堤釣行記

DSCF2804野島にまた行ってきました。本来は14日(土)に釣行の予定でしたが起きたら9:00(鶴見H会長、スミマセン!!)。おまけに実家に急遽帰らざるを得ず釣行を断念。この日はクラブ忘年会なので千葉の実家から中華街に直行。結局酒を一滴も飲まずに帰宅しました。本日15日(日)は夕方満潮&北風が強まるとの予報に期待して10:00頃自宅発。アークス経由で首都高杉田付近を快調に走っていると後ろに黒のマークXがサイレンを回して接近、¥18,000の国庫納付金請求書を頂く羽目に・・・トホホ。。。
そんなこともあって村本には11:40頃に到着、慌てて着替え&船に飛び乗り青灯に向かいました。15:30頃からの下げ潮&マヅメ狙い。防波堤は予報通りの緩い北東風が吹き出します。青には先行しているK田さんが居ます。他にクロ狙いは3名、ハナレにピン札さんも居ます。初めはシーバス狙いでルアーを投げるも全く反応なし。14:30頃から潮も上がって雰囲気も良くなってきたので黒鯛狙いに転向。ツブで1ヒロ以内のタナを狙います。15:00頃から北東6〜7mと予報通り風も強まったのでテラスに向かいます。テラスは荒れていて頭から波を被ります。超寒く完全な修行状態ですがサラシが出始めて雰囲気最高。するとツブが潰されます。その直後にテラス段差で魚を掛けるも止められずに下に潜られて段差でプッツン。バラシを前向きにとらえて更にサラシの中にツブを入れていくと「ドン!!」と鋭い引き込みのアタリが出てやりとり開始。沖に横に走られまくって大暴れした49cm 2.06kgを無事GETします。魚を吊るすと横須賀カトちゃんがマヅメ便で来堤して情報交換。ともに時合いの別荘を狙うもアタリが遠のきます。その後オカマ方面に移動するとクズレ付近で散発でアタリが出たようです。期待のブッツケ付近は気配なし。クズレを越えて看板方面に向かう途中で横っ走りの当たりが出るも掛からず。その直後に48cmを極浅ダナのSTOPで掛けて無事GET。その後は反応なくTIME UP。計6発当たり3掛け2GETで終了、ナライ&潮高&下げが入ればこの時期でも魚が釣れることが良く解りました。DSCF2802
他にK田さんとカトちゃんに各1枚づつでマヅメは終了。秋ならではの極浅ダナ+青灯の釣りの中で一番楽しいテラスのサラシの中の釣りが楽しめた釣行でした。
来週はスキー初戦のため野島参戦は不可。29日か30日に釣行して今年の野島釣行を終了する予定です。
来年の初戦は未定。新年は5日か6日かな?

2013年12月08日

12月8日野島防波堤釣行記

DSCF2796野島に行ってきました。実は今週の野島は爆ってます。様子見の短時間釣行で1人5枚の釣果など、魚が居るのは間違いない状況。朝起きて布団の中でPCを見ると北東11m、起床後30秒で渡堤先を青灯に決めます。満潮時がモーニングの時間帯なので超寒いですが頭から潮を被るのを覚悟で村本に出撃します。シーバサーに投げの人など多数の方が村本に集結し活気があります。全体で38名、クロ狙いは私含め5名。クラブメンバーは気気鵑飽陝さんの2名、他に○田さんにピン札さんが出撃準備中。定刻通り出船しました。
沖は北東11〜12mくらいか、青灯は頭から潮を被り時折波が越えています。降りると潮は透け気味もサラシが全面に出ていて雰囲気抜群、しかしうねりがきつく釣り辛い状況。アオサだと攻めが遅いのでツブで1ヒロのタナに絞って狙うとモーニングで39cmがサクッと掛かり無事GET。Iさんに○田さんも赤灯折り返しの村本の船が来る前に仕留めています。荒れているため魚の活性が高く、皆4〜5発のアタリを捉えていますが食いが浅いようでバラシ多発。私も2回掛け損ねます。おまけにシーバサー20名強のほぼ全員が青灯に降りて大混雑。しかし黒のアタリはポツポツ出続けます。10:00頃、看板手前でめちゃくちゃ引いた49僉■沖UPをGET。11:00頃、クラブIさんがテラスの大サラシの中でレギュラーサイズを仕留めます。オカマ〜看板先までシーバサーで混雑しているのでテラスのサラシの中の釣りを敢行すると数投で鋭い引き込み!!しかしやりとり開始するも沖に走られ針外れ。。。その5分後にツブが潰されるも全く分からず。11:20頃、再度鋭い引き込みのアタリが出て46僂GET(めちゃ引きました)、その直後にもまた鋭い引き込みが出て大物が掛かります。やり取りし、魚を浮かせるも大荒れのため魚が際に打ち寄せられて玉網で掬えず何度かチャレンジするも、ハリスが際に触れてラインブレイク・・・。ちょっと残念でしたがテラスのサラシの釣りを堪能し、最高な1日でした。
昨日の疲れもあるのとウェーダーの右足が水漏れでビタビタとなり、午前中で釣行を打ち切りました。
野島は北東風7〜8mを越えると満潮時は頭から潮を被ります。今日も合羽のフードをしないで釣行した方数名が大波を食らってズブ濡れになっていました。北風が強い日は丈夫な合羽を2枚重ねor漁師合羽などのしっかりしたもので防水防寒対策を万全にしてください。
今週ボーズだったら釣行をやめるつもりでしたが魚が居たので来週も釣行します。再来週はスキーですが今年は年末も釣行する予定。今年〜来年は山に行かずに野島に通ってしまうかも知れません。。。

2013年12月01日

11月30日野島防波堤釣行記

夕方の住友30日に野島に行ってきました。ソコリは8:30過ぎなので朝一のみクロ狙いでその後はアイナメ&シーバス狙い、14:30過ぎに満潮を迎え夕マヅメまでまたクロ狙いの釣行プラン。19:00から黒研忘年会@川崎というハードスケジュール。村本は混雑していますがクロ狙いは鶴見H会長にクラブのIさん、野島杯チャンプのN山さんのみ。N山さんは新堤でアイナメ狙いとのことで餌のアサリを頂きます。シーバサー&投げ釣りの方中心に40名弱で定刻通り出船、青灯に向かいました。青灯に降りてツブで狙うも緩いナライで薄濁りもほぼ潮が止まってモーニングは期待薄。水路を渡ってハナレに向かうもアタリ一切なし。H会長もアタリスカとのこと。クロは諦めルアーでシーバスを狙うことにしました。別荘では5〜6人が狙っていてかなりの大物が仕留めています。水路を渡って狙うと数投目にでかいシーバスが掛かり、クロ同様ゴリ巻きしたら一発でプッツン、ドラグを強めにセットしていたためかエギ用PE0.8が一発で切れてしまい超ショック。リーダーが無いので1.5号のハリスをダブルで結節して狙うと70UPが掛かり無事GET。シーバスしかしこの後ルアーをなくしてしまいシーバス狙いはTHE END。アイナメを狙うも全くアタリ無し。仕方がなので昼寝をします。12:00船でKJ師匠に新社長がクロ狙いで来堤。しかし潮も低く透けているので気配薄。再度昼寝をして満潮以降の下げ潮に備えます。
13:50頃起床。オカマ〜クズレの先まで誰も居ません。ピーカンが幸いして濁りも入り、潮も上がっていい感じ。潮も緩く流れています。タナ狙いでアオサを使ってみるとブッツケとマイルポストの浅ダナでビンゴ!!まずまず引いた、嬉しい47.5僂鬘韮釘圈!しばらくするとクロ狙いのメンバーがオカマ方面に戻って来ます。14:30頃、鶴見のH会長がダンゴの底付近で45.5僂GET!!その直後、サイトで見つけたクロ数匹の群れにアオサを流すと思いっきりラインが横っ走り!!かなり引いた46僂GET!!15:30頃にマイルポスト手前の極浅ダナで目測42僂らいをGET!!夕マヅメに期待が高まるも、新社長の痛恨のバラシなどアタリ数発で終了。30日釣果
アオサでサイトフィッシングの成功など3枚GETと非常に良かったのですが、残念なことに1枚はストリンガーが付いた状況で脱走。。。クロに申し訳ないことをしてしまいました。
19:00からの黒研忘年会に参加しましたが、ピン札さんの飛び入り参加などでめちゃ盛り上がりました。前ちゃん、A沼さんの両幹事、お疲れ様でした!!私はY山会長からお聞きした、この時期の野島でしかできない釣りを鶴見会長とチャレンジしたいと思います。バケツもっていかないと!!これでスキーに行けなくなったのでまだしばらく野島に通います。

2013年11月24日

11月23日野島防波堤釣行記

DSCF2770野島に行ってきました。前日はベイイズワン実行委員会の忘年会@四谷三丁目。参加が遅れたことと、あまり飲まなかったので普通に起床して6:30前に村本着。7:00過ぎからお客様が集合します。シーバスプチ大会参加者に投げ&アイナメ狙いの釣り人が多数集結しています。その中でもクロ狙いは4〜5名か、クラブメンバーは今年の新入会員片○さんが居ます。混雑した船で定刻通り出船、前日のosmさんからの情報もあり本命黒鯛で青灯に向かいました。朝一は黒鯛狙い、その後は先日アークスで購入したNEWシーバスロッドで大会参加&スミイカ狙いの釣行プラン。沖は弱い北風、深夜に強いナライが吹いた影響でこの時期にしては強めの濁りが入っています。青灯に一番で飛び降りてブッツケ方面に向かうと50cm入らないタナで明確なSTOP!!アワセを入れると暴れずにクロが浮き上がります。そのまま掬おうとすると少し抵抗するもあっさり46僉■院ィ沓横記圓離ロをGET!!DSCF2775周りを見るとシーバサーにちょい投げ、カレイ狙いの方が青灯に多数散らばっています。その後は人が多くて全くアタリ無し。後発の片○さんもモーニングで1枚仕留めています。青を一周するも反応無いためシーバス狙いに変更。気合が入るも数回バイトがあったのみでスカ。シーバスはホント渋かったです。11:00頃、期待のハナレに渡堤するも全くアタリ無し。馬の背に期待して12:00船で新堤に向かうも既にシーバス狙いの方が降りた後のためかこちらも全く反応なし。14:00頃遅めの昼食&昼寝で15:30船でまた青灯に向かいました。上げ潮+無風〜緩い南風に変わった青灯は期待薄。昼船で先週2枚獲った○島さん他1名、15:00船でKJさんが来堤。風と波で若干潮が動いている横須賀側を中心に狙いましたが盛期とは違い全くアタリなく終了。昨日もモーニングのみの釣果という結果で終了でした。
来週30日は黒研忘年会前に野島釣行する予定。

2013年11月19日

11月16日野島防波堤釣行記

3a331329.jpgそろそろ雪山のシーズン。年末のスケジュールは既に予約済み、初滑りは12月21〜22日@野沢温泉。雪があれば7日か8日に行くかも。12月28日か29日は尾瀬岩鞍出撃、30日は野島、1月2日〜4日は白馬(八方か栂池)とスケジュールがぎっしり。昨年ほどはスキーに行かないと思いますが、病気が再発したら昨年同様日帰り連発するかも。
16日に野島に行って来ました。例年なら野島も厳しい状況ですが、今年はまたツブが付き始めたためか、まだまだ釣れています。土曜日もソコリは9:40過ぎ、朝一リーゼンではなくて、朝一馬の背を狙って新堤に向かいました。
新堤はシーバサーの京急さん他4〜5名で上陸。朝一の馬の背を譲ってもらいます。アオサで狙うも1往復目は反応なし。2往復目に45.5cmを幸先よくGET,その後沖目を流すと糸が走るも針掛からず。ガンダマはガチガチに潰されます。3往復した時点で京急さんが渡ってきます。23日はシーバス大会なので練習がてらブレードのルアーを投げると40cm程度のシーバスが掛かるも取り込み中にバラシ。諦めて平場に戻りスミイカを狙うも1杯のみ。昼寝をして青灯に移動します。
この日は15:40頃満潮のため夕マヅメが本番。ナライ7〜8mも上げ潮のためイカ狙いでエギを投げていると黒研同僚Hさんが「イカなんてやってる場合ではないですよ」とのこと。何とレギュラーサイズのクロを仕留めています!!早速釣り始めると上げの時間帯に2アタリ1バラシ。真剣に狙うも私は当たりが少な目。14:00過ぎ頃から周りでは魚が釣れ出します。チャリティーチャンプH山さんにo田さん、クラブN嶋さんが魚を仕留める中、私は蚊帳の外。期待の下げに入るとアタリが減るもののH山さん、N嶋さん、H川さんが2枚目を仕留めます。結局午後はスカで終了、また日没まで釣行して1枚のみの何とも言えない1日が終了しました。
周りが釣れている中、自分に当たりが出ないときは必ず何か問題があるのですが、最後まで調整できませんでした。狙うテンポが速すぎたのと、餌の選択や狙い場所など、もう少し冷静に釣ればよかったかなと今更ながら反省です。
次回は23日のプチシーバス釣り大会に参加予定。曇天ならクロを狙います。

2013年11月10日

11月2日9日野島防波堤釣行記

11月2日釣果毎週釣りにいっていますが、10月末から仕事も忙しくblogのuppdateもままならず。
2日(土)はソコリ10:00前、ナライ5m程度。ハナレか馬の背か?シーバス名人の京急さんがハナレを選択したので馬の背に向かいました。馬に向かう人は私のみ。馬の背第一投(ツメ)で41.5cmを仕留めるも、馬の背はその一発のみ。昼寝をして時間を潰し青灯に移動。青では先日チャリティーで優勝した○山さんが居て情報交換。スミイカを狙うと一瞬の時合いで2杯仕留めたのみ。15:00から本番のクロ狙い。ツメを使って青を狙うもアタリ無し。○山さんはツブで42cmを仕留めています。そのまま別荘に向かうと魚が浮いてサイト狙いの状況に。別荘の段差をツブで狙うと魚が掛かるも横に走られバラシ・・・ちょい投げの常連さんに慰められます(情けない・・・)。サイトでみつけたクロにツブを流すと2度アタリが出るも針掛からず。手持ちのミドリやツメをつけても当たらず、黒ツブのみ反応します。結局別荘の黒鯛に遊ばれて終了。ブッツケ〜マイルポストはその時間何発かアタリが出て黒研同僚マコさんが良型GETして終了。日没まで粘ってモーニング第一投のみの釣果で、良かったのか悪かったのかよく解らない1日でした。
11月9日釣果昨日9日(土)は村本エギングプチ大会に参加のつもりでいたところ、KJ師匠から手バネハゼのお誘いが。来週以降忘年会など予定がかなり入っているので二つ返事。新明丸から出船(東京湾のハゼ船もここ数年で激減しました。。。)、鶴見川筋を狙うも結構渋く、アタリも少な目。14:00に沖上がりで50尾程度の釣果でした。ヘチ竿は車の中にあります。村本の夕マヅメに間に合うのでそのまま村本に出撃、ナライ強めですがソコリ〜上げの青に向かうことにしました。クロ狙いは私含め計4名。黒研同僚Hさんが居ます。ガンダマ潰し用ペンチを車に置き忘れたのでアオサ中心で1時間半の勝負。青に降りるとナライ6〜7m程度か、もう少し風が欲しいですが適度な濁りと風に押されて潮も動いています。期待してオカマ〜クズレを狙うも反応なし。前週熱くなった別荘に向かうとアオサでアタリが2回(1回はバラシ)出ます。別荘で粘っても釣れそうな感じでしたが前週も魚が出たオカマ方面に戻ります。ブッツケ付近でH川さんが釣行、1枚釣れたとのこと。その数分後、16:45頃にブッツケ〜マイルポストの間で魚が掛かります。かなり引いて左右に10m以上連れまわされた、50僉。押ィ隠僑襭腓領彪燭鬘韮釘圈5△蠅望鈩▲┘ンガーの方からスミイカも頂き休暇を満喫した1日でした。
DSCF2766ちなみに2日ハナレに渡りましたが10月末の台風でブロックが吹き飛んでいました。ブロックは内側沖1m程度先に沈んでいます(波の力はホント凄い)。来年以降内側の良い根になるかも。その前に何年後かハナレのコンクリートブロックすべて沈んでしまうと思います。。。

今月末まではクロ狙い、12月中旬からスキーに移行します。

2013年10月20日

10月19日野島防波堤釣行記

10月19日昨日野島に行ってきました。、村本のプチ黒鯛釣り大会ですが、起床時既に観音崎で13mも風が吹いています。出船不可を覚悟で村本に向かうも人が少な目。沖は大荒れ、頭から潮を被る状況です。ウェーダー+漁師合羽の完全装備、風が上がったら早上がりの条件で出船となりました。前日の午前中は釣れなかったものの夕方は爆ったそうで、半夜まで居れれば間違いなく爆ります。全体で15名、荒れてスイッチが入っていることを期待して青灯に向かいました。
沖は北北東の風、波は高いものの北に風が寄っているのでうねりは予想より少なく潮も低くて釣りやすい状況。オカマ周りは潮がかっ飛んでいて気配なし。ブッツケ手前に居たエギンガーを越えたところでSTOPアタリが出てツメを取られるも針掛からず。その後STOPが出て聞くも一瞬竿に乗って針外れ。村本Face Book(https://www.facebook.com/muramotokaiji?fref=ts)のvideoはこのあたりから。その直後にハリス程度のタナの聞き合わせで魚が乗ります。あまり引かない46.3cm、1.9圓鯡技GETしハナレ方面に向かいます。19日釣果この日はショートバイトというか、咥えて走るだけのアタリが頻発。別荘までそのようなアタリが4〜5回出て、一回魚を掛けるも針外れ。竿1本以内のタナしか狙わないのがいけないのか解りませんが、周りの人も皆同じ状況。青灯3往復目で別荘の底で魚を掛けるもこれもバラシ。11:00過ぎに半夜釣行も想定して大休止。12:00の村本船が来ると数名が撤収、その船でNさんが来堤します。Nさんは大荒れのハナレ・別荘方面に突撃、その直後ブッツケ手前で寺さんが大物をGET!!ミドリでタナとのこと。皆気合が入るもF田さんもショートバイトに苦しめられています。午後の部に参戦すると沖に走るショートバイトが2回あるも針掛からず。14:30以降は潮も高くアタリも出始め、いい感じになりつつあったのですが、風が上がって早上がりとなってしまいました。
結局この日は青灯3枚(大荒れで独りハナレで釣行したNさんが1枚追加)、新堤で○若さんが得意の釣りで1枚GETの計4枚で終了。釣果サイズで1位、2位、ブービーが貰える無料渡船券を2位で頂くことが出来ました。
今週も台風の直後の半夜に期待して野島にしばらく通います。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: