その他の釣行記

2018年06月17日

6月9日木更津沖堤16日長崎遠征釣行記

zryRZVwaSfeRajdlo+pudg9日に東京湾落とし込みバトル@木更津沖堤、昨日16日に長崎で釣行してきました。
9日のTokyo bay Is One、東京湾落とし込みバトルも今年で6年目、早いものです。東京湾の大会では間違いなく一番大きな大会になりました。今年は実行委員の担当防波堤の割り振りをくじ引きで決めたのですが、第一希望のC堤になりました。しかも今年は実行委員メンバーの川崎W大将も一緒にC堤担当、大会開始前に川崎新堤御一行様約30名くらいのC堤来堤が確定しています。大会当日は6:00過ぎに木更津のガスト到着、7:30頃から受付設営開始。受付担当で11:00くらいまでバタバタ忙しいものの、昨年ほどではありませんでした。11:30前に宮川丸が来て乗船。写真撮影後12:00前に大会スタート!!大会開始1時間程度でポツポツ魚が出ますが、私には全くアタリなし。魚は内側で出ていますがヘチや竿一本先は反応がありません。私には全くアタリがないのですが、川崎新堤のメンバー皆様は多数魚を仕留めています。複数枚仕留めている方のストーカーをして少し沖目パターンに変えるも、17:00過ぎまでアタリなし。内側は影ができて風も当たってヘチの雰囲気が良くなってきます。誰も狙っていないヘチ狙いに切り替えると17:10頃に底の聞き合わせで魚をGET!!30cmあるかないかですが急に元気になってヘチを狙うも大会終了。小物賞狙いで検量に持ち込むも28.5cmで残念ながら検量対象外でした。。。川崎新堤メンバーは皆さん大変好調な釣果で終了、この日は手も足も出ませんでした。++gG7p%ySHmwG5I9gpbZtg昨日16日は九州遠征。毎年大師匠、副会長に○橋さん、○部さんと博多沖堤で開催のラブメイタ釣り大会に参加しているのですが、今年は住んでいるマンションの理事会総会(今年は副理事長)が17日に開催で帰京しなくては行けなくなったため1日のみの遠征。15日19:30便で羽田から福岡に向かい、16日朝4:20にホテルロビーに集合し副会長の車で長崎に向かいました。博多の徳○さん親子と待ち合わせして7:00前から釣行開始します。上げ潮が当たる平場を村本産1枚ツブで狙うと魚が掛かります。ヘダイより走らず、重い反転を繰り返すな〜と思ったらなんと真鯛55cmくらいでした。WCRK%OLbTDuw0%BBlnQwWA直後にヘダイ40cm強を仕留めるも、引きの鋭さはヘダイの方が上でした。
この日の長崎は全体に好調、実質5時間程度の釣行でしたが、川沿いで黒鯛3枚にキビレ1枚、漁港内でも黒鯛1枚にヘダイ2枚が釣れて早々に目標の4目を達成。13:00に釣行終了し福岡に戻って帰京。歩き回ったお陰か好調な釣果で半日のみの遠征釣行が終了しました。
次回は23日に久しぶりの野島に出勤予定。
kari96 at 20:04|この記事のURLComments(1)

2018年06月03日

5月27日五井沖堤6月2日野島防波堤釣行記

syH%1KhLRy+xB1zum%8snA5月27日に五井沖堤、昨日2日に野島に行ってきました。
みなさんご存知のとおり横須賀以北の東京湾は大爆発中。10年前からすると考えられないことです。産卵後の荒食いで各堤凄まじい状況です。川崎沖堤(高所恐怖症の私にはハードル高し)、横浜(先日行きました)、五井が大変なことになっているとのことで、大爆発中の五井に27日に行ってきました。
5:00前に寒川港に着くと好調な釣果に誘われてあちこちから多数の方がきています。緩い北風で条件は今ひとつですが魚は居るとのこと。青灯便は50名くらいが乗船します、クラブメンバーの○安さん、稲○さんと青灯に向かいました。1bXvvBrWSeeUZKeEF0rD7g
青灯に飛び降りて灯台方面に向かい、沖側に張り出しているところから釣行開始すると黒鯛がヒラを打っています!!超気合いを入れて1ヒロ以内のタナを狙うも針ハズレ連発。。。食いが浅いようです。針のサイズを変えたかったのですがベースまで戻らないといけないため、諦めてそのまま釣行するも小型が1枚釣れたのみ。結局6バラシしてモーニング終了。潮がわりに深いタナで1枚掛けたものの針ハズレ。10:00くらいから南風が吹き出しましたが、雰囲気は良くなっただけで終わってしまいました。赤灯は好調だったようですが、青灯は皆こんな感じでした。好調な場所も人が集中するとダメですね。この日は頭の中が黒鯛で染まっていたので1枚釣果では納得いかず、余った餌を持って有明に出撃、有明某所は南東風がいい感じで当たっていましたが1枚釣れたのみで疲れ切って撤収。虚しい1日が終了しました。
0J7vN8O5SZOVF0RS%McSXg昨日2日は野島に行ってきました。クラブの6月度月例会です。久しぶりの野島、5月13日の釣行以来です。この時期しか楽しめない馬の背の上の釣りをしに新堤に向かいました。
新堤は投げ師含めて10名くらいが降ります。モーニング狙いで青灯側コバを2流ししても当たらず、即馬の背側のコバに移動します。ここでは第1投で魚がかかるも段差に回られて針ハズレ。会長はしっかり1枚仕留めます。私も遠投して狙うと魚が掛かって無事GET!!馬の背を見ると黒鯛が背びれを出して餌を食っています。8:20頃馬の背に向かい、背びれを出している黒鯛に的を絞って狙うと3枚釣れました。私の他に馬の背の上で3枚釣れますが魚が散ってしまい9:30前に勝負がついてしまいました。9YQMvo5VSv2Y3CdpH%qusg平場は全くアタリなし、潮止まり前に新堤コバに飛び降りてコバの先を狙うと2枚釣れました。
午後は赤灯に移動、馬の背台の上を狙うも私にはアタリなく終了。会長1枚とKJ師匠に2枚の釣果が出て敗北感溢れる午後の釣行でした。
写真は馬の背の上ですが、マダラ模様は黒鯛が捕食した後です。馬の背のカーブはハゲてしまいましたが先々週まではツブがかなり付いていました。黒鯛の食欲って凄いですね〜。
来週は東京湾落とし込みバトル@木更津に参加予定。
kari96 at 16:21|この記事のURLComments(0)

2018年05月20日

13日野島防波堤20日横浜沖堤釣行記

WYGmOlMUSEiskQxOONuySg13日に野島防波堤 新堤、本日20日に横浜沖堤 赤灯・D堤に行ってきました。
13日は午後クラブの幹事会があるため午前中のみ野島で釣行しました。この日は運悪く下げの南の爆風です。ドックは満員御礼、行き先が無いので大荒れの馬の背の内側を真剣に狙いに新堤に行くことにしました。馬の背は予想通り荒れていい感じ。馬の背の上は黒鯛がツブを食った跡があちこちにあります。期待して狙うも1往復目はスカ、2往復目、新堤側から数えて電柱1番と2番の間の根があって浅いところで鋭い引き込みのアタリが出て48cmが釣れます(超暴れました)。その後電柱6番と7番の間でもアタリが出るも掛け損ね。この日はこれで終了しました。馬の内側はガレ場は良く釣れますが、内側の平場で釣れたのは初めて。しかも条件が悪い南の爆風で釣れるのはラッキーでした。
本日20日はクラブの5月度例会。しかし北東風が強すぎで前日から出航が微妙なレベル。今朝5:00時点でも北東13mくらい吹いていてそのまま10:00過ぎまで風が落ちず、11:00前に出船不能で大会終了。仕方ないのでクラブメンバー5名+1名でそのまま横浜に向かいました。0BS7gZkATUOwL4BoPV0r6g12:00に飛び乗って石○さんと○畠さんと赤灯に向かいます。野島を早々に諦めた事務局長が赤灯で釣行するも今ひとつとのこと。早速降りて釣行するも2時間で2アタリ1バラシとかなり渋いです。北東風が打ち付けるDカマボコに降りたアンちゃんから、めちゃ当たって魚GETと連絡が入ります。船宿にお願いしクラブメンバー3名が14:00便で赤灯からD堤に移動しました。
アタリの数が落ちたとのことですがカマボコに向かうとあっさり1枚目が釣れます。○畠さんも1枚仕留めますが風が落ちてきてかなり厳しくなってきます。それでもDテトラは潮が揉まれていい感じ、長竿師が1枚仕留めています。これを見てヘチさぐり3mでテトラに参戦!!いくつかパターンを試し、大荒れのテトラを軽いオモリでツブを流してみると立て続けに2枚釣れます。しかし定番ポイントのテトラ先端カマボコ側が混雑しはじめるとアタリが遠のきます。
もう少し粘りたかったのですが、超久しぶりのカマボコと 大好きなDテトラで釣果があったので16:00便で切り上げました。CBwxwUSjTOCxyEV1DmZWyA
来週は土曜日仕事のため日曜日東京湾のどこかで釣行する予定。



kari96 at 21:16|この記事のURLComments(0)

2017年08月14日

10日木更津沖堤、12日13日野島防波堤釣行記

IMG_0758夏休みを利用して10日木更津沖堤、12日、13日野島に行って来ました。本来8日から夏季休暇を取得しクラブの期間大会中は連日釣行するはずだったのですが、8日は台風5号の接近で釣行不可、9日は仕事が入り休暇キャンセル、10日も夕方仕事が入ってしまい午後の休暇がキャンセルに。しかし10日(木)は5:00から11:00まで宮川丸を利用して木更津で釣行しました。渡堤後はしばらく平場釣行、平場に飽きたら久しぶりのテトラ釣行が可能なC堤での釣行プラン。釣行が楽しみのため寝つきが悪く寝不足状態で起床、宮川丸到着後準備をしていると何とK川さん親子が!!Blogに木更津釣行予定と書いたのでお越しいただいたとのことです(ありがとうございます!!)K川さん親子はD堤、私は予定通りC堤に向かいました。C堤のヘチ釣り師は私1名のみ。真ん中で降りてケツコバに向かいます。するとコバの沖側角でタナの引き込みが出て30cmが掛かります。振り返ると対岸でk川さんジュニアが良型を仕留めてタモ入れ中。これは良い雰囲気と先コバに向かうも折り返しはアタリなし。超楽しみにしていたテトラもツブが落ちていて、おまけに透け透け。テトラの穴や足の裏狙いも持って来た竿が短い(4m)ので苦しく、釣行を早々に諦めます。平場はインコースもアウトコースも潮が流れていい感じなのですが、私しかヘチ釣り師がいないので狙いを絞りきれず大苦戦。若干潮が下がった8:00頃からアタリが出始めます。IMG_07608:10頃、アウトコース真ん中のタナで良型を掛けるも沖に走られてハリス切れ(残念!!)8:20頃にもアウトコースコバ付近で1枚掛けるも針ハズレ。何発かのアタリが出るも掛けきれず焦りがで始めた8:50頃、アウトコースの真ん中あたりでやっと40cm程度を1枚仕留めます。その後はアタリがピタリと止まり、潮が下がって沖目が狙えるテトラに再戦するもアタリスカ、結局2枚で釣行終了しました。普段通い慣れない防波堤の単独釣行は防波堤上の動き方が解らず、参考になる周りの人も居なかったのでホント難しかったです。k川さんはDで4枚、ジュニアくんも2枚とさすがの釣果!!難しかった分楽しく非常に勉強になった釣行でした。

IMG_076412日(土)は野島でクラブの8月度週間大会に参戦。7日〜13日の釣果の最大魚を競います。この日は朝から7〜8m程度のナライ。前日11日は大爆発したのでクラブメンバーは多数参加、一般の方も多く村本は活気があります。ハナレで降りたかったのですが潮が高くて荒れていたので青灯しか降りられず、ハナレに向かって移動します。頭から潮を被る中、看板前のモーニングで45cm、別荘手前で48cm 1.84kgをGET!!、9:00頃にオカマのオーバーハング下で30cm、10:00頃にテラスの1段目で30cmが釣れますが、午前中の青灯の釣果は他に3枚のみ、好条件ですが防波堤の勢いは今一つです。11:00頃にハナレに渡るも3バラシ(持ち込んだタックルでは手に負えず沖に走られてハリス切れ+針を伸ばされてバラシ+やりとりのミスで針ハズレ)。一緒に渡ったカネゴンは2枚、○星さんも39cmを仕留めています。この日のハナレは私に冷たく、早々に見切ってオカマ方面に向かいます。IMG_0767竿を固めの竹心竿に変えて潮が下がったオカマ周辺を狙うと大暴れした49cmと41cmを仕留めます。日没前まで釣行したかったのですが16:00便で切り上げました。この日の釣果は計6枚も、最大ポイント魚の48cmの釣果では暫定6〜7位、渡船券が貰える3位以内には全く食い込めません。

13日(日)は週間大会最終日。表彰もあるのでクラブメンバーは村本に多数来ています。またお盆初日で村本は大混雑。前日同様ハナレをメインとした釣行プランで臨みました。ハナレは黒研事務局長と一緒に降りるもモーニングはアタリなし。この日の青灯・ハナレは厳しく、11:00頃まで3枚のみの釣果に留まります。水路は強まったナライで激流になり、ちょっと渡れません。様子見をすると潮も下がって渡れる状況に。IMG_078311:40頃、黒研事務局長に渡堤を譲ってもらい水路を渡ります。ハナレ到着後早速波が打ち付ける高い平場を狙います。するとタナの鋭い引き込みが出て大アワセを入れると魚が掛かり一気に沖に走ります。この日は前日の反省から強めのタックル(ヘチさぐり3.0+フロロ道糸1.5号+フロロハリス1.5号)を持ち込んだので超強引に対応して無事52cmをGET。しかし良いと思ったハナレはその後アタリが出ません。次のアタリは潮が随分下がりヘチ際で水深2m弱になった頃から。13;30頃、ヘチの棚STOPに聞合わせして掛けるもミスでハリス切れ。もう一発掛け損ねた後に3連荘で魚が掛かって無事仕留めます。しかしこのプチ時合いもすぐ終了。結局計4枚で釣行終了しました。IMG_0784

帰港後クラブ期間大会の表彰式に。この日は午後の青灯とドックが好調でクラブメンバーだけで計27枚の釣果が出ました。私はこの日仕留めた52cm 2.105kgの釣果で何と第2位に入賞、渡船券2枚を頂きました。クラブ全体では1週間で何と137枚(!)、50cm、1.83kgの釣果でも第7位というハイレベルな大会でした。
次回は19日にマーゴン狙い@本牧長崎屋。野島は20日or26日午後半日釣行で27日の黒研野島大会参加します。
kari96 at 21:32|この記事のURLComments(0)

2017年08月08日

まとめて更新その2

IMG_0599ここしばらく土日は忙しくて更新する暇もなく、当blogも完全放置状態です。ですが日曜日と平日Schoolに通わなくても良くなったりと状況も少し改善しそうなので時間を見つけて更新します。
7月8日(土)は午後から釣行。野島杯に向けて上げの赤灯を調査するも31cmが釣れたのみ。その後ドックに移動して夕方満潮の中廊下に渡って1枚。2枚のみの釣果でしたが何年振りかの中廊下での釣果で満足感が高い釣行でした。

IMG_06197月15日(土)はクラブの7月度月例会。この日は朝から青灯、夕マヅメはドック先に。10:00頃まで青灯で釣行もアタリ無し。潮が下げてからハナレに渡って3枚、ソコリ寸前のオカマ周りで3枚、看板付近で1枚の計7枚(夕マヅメはスカ)と良かったのですが、サイズが今一つで5位でした。

7月21日〜22日は長崎単独遠征。羽田朝一の便で出発し長崎市内には11:00前に着。中華街で皿うどんを食してからいつもの長崎港に。沖側の波止をツブで狙うとマダイ(60cm)が掛かって無事GET!!この日はヘダイが良く掛かるも2.5号のハリスがプチプチ切られます。IMG_0653パチンコ屋裏で夕方時合いがあり黒鯛は8枚、キビレ2枚が釣れるも本命ヘダイは1枚のみ。翌22日はもっと酷くてヘダイと13戦して2勝11敗。クロ3枚にキビレ1枚の貧果で終了。土曜日であちこち船が係留されてしまい、釣り場が狭まったのも敗因でした。遠征全体としては赤いのをヘチ釣りで初めて仕留めたりと楽しい釣行でした。また来年スケジュールして遠征してきます。

7月29日は野島杯の事前調査と準備兼ねてAMのみ野島に。青灯ではオカマ周辺で30cm前後を3枚。ハナレは悪くなく、黒研事務局長と水路パターンを掴み4枚に看板前で1枚の計8枚。新堤は今ひとつ、ドックは混雑が予想されます。青灯で同じ8枚を仕留めた黒研幹事長と優勝ラインは5枚を予想します。野島杯はどこに渡堤するか?青灯オカマ周りは人が集中する中、勢いを感じる黒研幹事長と競っても勝てる感じがしません。昨年炸裂した馬の背も賭けるほどの勢いは無し。ドック系は午前の上げで人が集中しそうで選択肢に入りません。消去法でハナレに弁当と飲み物持って朝から終日STAYする事にしました。不安要素は前日掴んだ、2人のみ知っているパターンが本当にハマるか?と何名朝から渡るか?。翌日メンバーに配布する印刷物を出力したりし、2:00過ぎに目覚ましをかけて23:00頃就寝。

IMG_0725大会当日(7/30)、家内が「あんた、今4:30よ!!2:00に起きるとか言ってたけど」と叩き起こされます。クラブメンバーの村本の集合時刻です。完全寝坊でパニクって村本さんに電話しメールで当日のスケジュールを送付(皆さま大変申し訳ございませんでした・・・)。5:45に村本到着するも朝の開会メモなどはすっかり忘れてアドリブで対応。本当に申し訳ございませんでした。
大会は予定通りハナレに。3名(黒研事務局長+○星さん、想定よりだいぶ少なめ)で向かいます。10:00までに3枚(規定外)、下げが入ってから水路と平場で時合いがあり、平場の時合いを中心にまずまずのサイズを6枚仕留めるも1枚脱走。検量対象は5枚でした。脱走以外にハリス切れ3回、針ハズレ数回とミスしまくり。運良く3位に入賞できましたが、良く上位入賞出来たと思います。IMG_0723ハナレに渡ったメンバーは水路パターンをものにした黒研事務局長が5位、○星さんが9位(○星さんの9位はホント嬉しいです)で全員10位以内に入賞しました。おまけに10位までのうち8人が野島常連。優勝はクラブメンバーの○畠さん。青灯でいつも楽しく競っている仲の良い釣友です。良い勲章をGETされてこちらも非常に嬉しいです。おめでとうございます!!

8月6日は久しぶりの五井沖堤。ツブが落ちて厳しいとの事ですがクラブのプチ遠征で10名で向かうも、計3枚の釣果(私はボーズ)で終了。午後は潮が高いので磯子で1時間弱釣行するも、1バラシで終了。。。IMG_0743

今週はクラブ週間大会で本日から夏季休暇を入れたものの、台風接近+休みなのに仕事が入って土日の2連荘しか野島で釣行できません(10日は午後仕事のため午前のみ木更津で釣行するかも)。台風で海も変わりパターンも変化していると思います。次回釣行が楽しみです。
kari96 at 22:34|この記事のURLComments(0)

2017年07月02日

まとめて更新その1

ほとんど放置気味の当blogですが、盛期のこの時期は仕事の決算とも重なって更新する時間がほとんどありません。6月から昨日の東京湾落とし込みバトルのまでの釣行をざっと記載します。
IMG_05126月3日(土)は野島防波堤ヘチ釣り講習会。13名の方が講習受講いただきました。私はクラブ新人の方を担当、今年初のドック先に向かいました。生徒さんが仕掛けを作成中に時合いを迎えていた丸環第一投で黒鯛が掛かってしまい無事GET。夕マヅメは新堤でこれも1枚釣れてしまいました。講師は13枚、生徒さんは2枚の釣果でした。
6月10日(土)は海津クラブ6月度例会。釣行前はドック北面でモーニングをGETして午後は赤灯で昼寝するプランでしたが世の中甘くありません。クラブメンバー11名+一般の方2名の計13名渡った好調なはずのドックはモーニングは一般の方に1枚出たのみで沈黙。南風が強まった上げの午後は赤灯に向かわずハナレに向かってしまいました。頭から潮を被ったハナレは数回当たったものの針掛からず(まだ時期が早かったようです)、夕マヅメは赤灯に向かったもののカンちゃんにやられてボーズで終了。疲れが残っただけの釣行でした。
IMG_05416月16日(金)夜から博多・長崎遠征。17日は長崎遠征し18日は毎年参加している博多湾ラブメイタ釣り大会に参戦です。17日は車で旅行されていた副会長の車で博多から長崎に。名誉会長と高〇さんが同行です。博多の釣友の徳〇さんと現地で待ち合わせして釣行開始。沖側の防波堤は2隻船が停泊して残念な状況です。深場のポイントを探るも全く駄目。あちこち探って浅場が良いようで私がヘダイ3枚、副会長はヘダイ2枚GETも大物に何回かぶった切られます。午後は橋の下に向かうも反応なし。副会長はパチンコ裏で大物を1枚掛けて無事GET。ヘダイの引きに感動した様子。IMG_0564翌日のラブメイタは参加者100名程度。前日も好調だった赤灯に向かいました。モーニングを期待して朝一の便で渡るも防波堤の動きをミスって一番にコバにたどり着けず。しかし両コバは魚は出ません。赤灯の次の時合はソコリ直前。平場で無事1枚(36.3僉砲鯤瓩辰謄棔璽魂麋髻しかしその後はアタリ無しで厳しい大会でした。
6月24日(土)はAM接待釣行@青灯(アタリ無し)、夕マヅメに村本に戻って赤灯釣行。ガレ場で大物を掛けるもラインを切られてチーン。

IMG_05867月1日は東京湾落とし込みバトル(Bay is one)大会。今年は約170名の方に参加いただきました。私は実行委員でC堤担当(移動出来ません)。そもそも木更津は今年初釣行で、雰囲気すら判りません。釣行前に実行委員メンバーに状況を聞いて防波堤に向かいます。釣行開始後即コバダッシュで先コバ一番を押さえるもアタリなし。即コバを諦め平場釣行に。12:30頃、平場アウトコースで20僉14:00頃にもアウトコースで20冂度が釣れます。移動便で急激に人が減った15:20頃、インコースで25冂度の規定外の魚がまたドヘチで掛かりますが明らかにタナも上がり雰囲気が変化します。IMG_0582集中すると15:30過ぎに30.2僉16:00前に43僂掛かって無事GET!!。人が減ったC堤は沖狙いの方の竿抜けポイントのヘチタナで反応が良くなります。しかし数回ミスってバラシ連発し運が飛んでしまいました。終了間際に時合があり間違いなく30儖幣紊竜を掛けるもハリスが切れてしまい釣行終了。検量対象2枚で今年の大会を終了しました。
今年はA堤防が非常に良く、長大なB堤防も同様に良かったです。浅場(C.D)ともに今ひとつでした。IMG_0584全体で117枚の釣果でTOPは7枚、クラブのSEKIさんが3位で黒工大会のリベンジ達成。カンちゃんも1枚仕留めました。昨年は2枚の釣果で10位以内に入れましたが今年は3枚以上で9位以内という非常にハイレベルな大会。それでも今年木更津沖堤初釣行かつ厳しかったC堤防縛りの中、複数枚の釣果があって個人的には悪くなかった大会でした。
来週は日曜日にAMのみ釣行@野島防波堤、翌週の15日はクラブの月例大会参加。毎週釣行は維持するものの、昨年よりも大幅に釣行回数が減りそうな感じです。。。
kari96 at 21:47|この記事のURLComments(0)

2016年09月13日

まとめて更新その4

8月27日AMは野島に磯子、28日は大黒埠頭のヘチ釣り講習の手伝い。9月3日はクラブの夜釣り大会、10日はクラブの9月度月例会に行ってきました。
8月27日は長潮、満潮14:00頃のため朝から好調のはずのドックに。朝一は凪ていましたが刻々と東風が強まり9:00頃からドック平場を潮が越え始めます。ドックでは誰も当たらず、うねりも激しさを増して10:00に青灯に強制移動。朝から青に居た長〇さんは2枚仕留めています。大うねりの青灯は波が防波堤を越えまくって釣りにならず。11:15頃、辛うじてマイルポストで40僂竜をGETするも更にうねりが激しくなって12:00で強制撤収となってしまいました。釣り足りないので午後は横浜も考えたものの、合羽がびしょ濡れのため諦めて私服でもお気軽釣行可能な磯子海釣り施設に。IMG_2219磯子は予報が悪いのでガラガラ。しかし満潮時を迎えた磯子は好調で実釣40分で3アタリ2掛け2GET。1枚は50冂度の良型でラッキーでした。
翌28日は大黒海釣り施設でのヘチ釣り教室のお手伝い。5月に海中に落下した玉網が何と釣りあがっていてまた手元に。こちらも超ラッキーでした。
9月3日は夜釣り大会。個人的に一番気合が入る大会です。元々私は夜釣りが大好き。野島に通い出した頃、当時の夜釣り名人にいろいろと指導いただいたり、横浜営業所勤務の際に良く横浜沖堤の半夜で遊んでいた経験があるからです。この日の午前中はBBQ(楽しかった〜)で飲み過ぎ。若干フラフラしながら釣行開始。青灯は夕マヅメまではかなり荒れてハナレでは波を被るほど。しかし気合が入りません。暗くなってから波も落ち着き気合を入れてストロー虫で釣行するも、何と一発もアタリ無し(涙)。酒のせいもあったかもしれませんがはっきり言って夜釣りヘタクソになっていました。。。修行して出直します。
9月9日は秋の登山その1@高尾山。IMG_2233下から登りましたが暑くてギブアップ寸前。翌9月10日はクラブの9月度大会。黒研の大会と重なっていましたが、大会幹事のためクラブ行事を優先しました(今年はイベントが重なり一回も黒研大会に参加できませんでした・・・)。朝から稲〇さんと青灯に。降りた直後はアタリが出なかったものの、皆がハナレ方面に向かって人が減ってから突然アタリが出始めます。しかし掛かりが浅くてバラシ連発。稲〇さんも同じ状況に。3バラシ後にやっと良型が1枚釣れるもアタリが止まります。ハナレでは諸〇さんが魚を仕留めています。ハナレに渡って平場を探ると真ん中あたりで明確なSTOP!!めちゃ暴れた52僉2.2kgをGET!!その直後に32僂盂櫃ります。IMG_2238しかし10:00頃から大雨で修行状態に。11:00過ぎの潮が高くなった水路では3回掛けるもやりとり中に穴に落ちてバラしたりと涙目状態。12:00頃にチンコロ(即リリース)を釣って4枚。稲〇さんはポツポツ釣って15:00までに4枚。16:00頃、このまま終了と思いながらも金幸丸が青灯に接岸したと同時にマイルポスト先で42僂掛かって計5枚で終了。おまけにハナレの52僂猟牴未乃廖垢坊醂秣膕駘ゾ ⊇わってみれば良い釣行でした。
IMG_2240次回は17日AMのみ野島釣行。18日〜19日は秋の登山その2@立山。室堂〜雄山に登って御前沢雪渓(日本に3つ認められている氷河の1つ)の写真を撮りたいと思います。

2016年08月06日

8月2日野島防波堤3日〜5日長崎遠征釣行記

2日午前中は野島、3日〜5日は長崎に遠征してきました。2日は平日の野島釣行。遠征の餌確保も目的です。天候が悪い予報のためか3名しか来ていません。2名はドック、金幸丸は雷対策で新堤に横づけするとのことで新堤に向かいました。青灯側コバにクロが多数泳いでいます。平場で一発当たりがあるも馬に向かうも全くアタリ無し。平場に戻って小型のカイズをバラシ。立て続けに当たるものの針に掛からず。独りしかいなかったのでコバに飛び降りて2枚GET。10:30にドックに移動して北面と平場で1枚づつで12:00便で戻りました。計4枚でしたが楽しい釣行でした。
IMG_21003日はほぼ恒例の長崎単独遠征に。朝一の便で大村空港着。格安レンタカーを借りて長崎市に。各地の下見やチェックインなどで釣行開始は15:00頃から。この日は漁港と橋の下を主戦場に。道糸は3号、ハリスは2.5号で挑みます。村本で仕入れたツブを持ち込んで釣行開始。連発でヘダイが掛かるもラインブレイクで仕留めきれず。一年ぶりのヘダイの引きですが強烈です。3バラシ後にやっと一枚。底までツブを落とすとヘダイが食ってきます。黒鯛はタナ縛りで狙わないと釣れません。今年は(時期的なようですが)ヘダイが沸きまくっています。しかも皆45cm UPの良型。掛けた後の引きもすさまじく。防波堤下のパイプやスリットに潜られるとラインをズタズタに。あちこち調査をして漁港を主戦場をすることにしました。この日は好調で実質4時間の釣行で本命ヘダイ9枚、外道のクロが5枚、キビレが6枚でした。IMG_2112
翌4日。朝食をとってからゆっくりと漁港に。朝一の1時間程度でクロ2枚にキビレ1枚、ヘダイ1枚を釣ってからあちこち調査。事前調査で水辺の森公園が良いとのことで向かうも客船の来航で柵が設置されて釣行出来ず。あちこち回って小規模の波止を発見。初めてイラを釣りました。15:00頃から漁港に戻るとヘダイの群れが入ったのか、底まで餌を落とすと7〜8割の確率で食ってきます。しかし魚が強すぎで捕れません。サミングする左手親指は真っ赤、竿を支える人差し指の下も真っ赤に腫れます。40回弱やり取りをして捕れたのは14枚。掛けると最初はコントロールできるのですが、魚が釣られたと気づいた瞬間に全開、その後は全く止められずに高切れか手前のパイプに潜られてラインズタズタにされた挙句にプッツン。うまく沖に走った魚のみ獲れるような状況でした。この日は親指がサミングのし過ぎで切れたり、人差し指にマメが出来たりと左手が悲鳴を上げ始めたので早めに撤収しました。IMG_2092
長崎最終日の5日、博多から釣友の徳さん山○さんにお越しいただき3名で釣行開始。朝一に黒鯛とヘダイを1枚づつ仕留めるも今一つの勢い。それでもポツポツと釣れ続きます。ダンゴパターンがはまってヘダイが釣れるもクロは今一つの状態。それでも17:30までにヘダイが15枚、最後の15分はタナのクロ狙い。キビレ1枚が釣れた直後にタナで強烈な引き込みのアタリが出て一気に60〜70mラインが出されます。やりとりを開始するも下糸と道糸の結節部分でプッツン。道糸もなくなったので釣行終了しました。IMG_2132
最終日は高切れが連発しました。おそらくヘダイとの引っ張り合いをし過ぎて道糸が伸びきって切れたものと思います。次回以降、長崎遠征はリールを2つ以上持ち込みます。
今日は疲れたので1日休み。明日と明後日は野島出撃予定。

2016年08月01日

まとめて更新その2

待ちに待った一ヶ月休暇が始まりました。23日は野島杯の下見で野島、24日は野島杯@野島防波堤、25日深夜から30日深夜までホノルル、31日は夕マヅメで野島に行ってきました。
23日は午前中のみの釣行、野島杯の下見を兼ねて青灯に向かいました。8〜9m程度のナライ、翌日も風が残る予報。渡堤直後の下げ潮の動き出し、最高の条件と思いきや、誰もアタリません。青灯を諦め10:00過ぎにハナレに渡ります。先行する2名はアタリ無しとのこと。しかし渡った直後の平場で良型が掛かり沖に走られてラインブレイク。しばらく後に先行1名が魚を仕留め、その直後に私も40cm弱のクロをGET。結局この1枚で終了でした。
IMG_1811-1翌24日の野島杯、海津クラブメンバーは4:30集合で大会準備。私も当日の進行や役割分担などの資料準備で寝たのが12:00過ぎと睡眠3時間弱で大会当日を迎えました。
大会には68名にご参加いただきました。予報どおり当日はナライ、前日夕マヅメはドックが良かったようです。泳いで渡堤することも想定してウェーディング用のライフジャケットも持ち込みます。ホーム青灯・ハナレに行くか、それとも別の場所に向かうか?ハナレは黒研事務局長が向かいます。ハナレで爆った時はおそらく事務局長が優勝。しかし前日のナライ北風の青灯・ハナレの釣果を見てリスクがあるも馬の背に賭けて新堤に向かうことにしました。
新堤組は前日釣行したMちゃん、クラブ会長や戯蠅気鵑Award実行委員長、過去野島杯の上位入賞メンバーなどそうそうたるメンバー。降りた直後は潮も流れず反応無し。馬の背上にも魚が見えません。しかし9:30くらいにMちゃんがコバで連発!!Mちゃんは手に負えなくなったので馬の背に向かうことにしました。
馬の背は潮もよく流れていい感じです。アンテナ片手に際を狙うと数投で魚が掛かり無事GET,2枚目も即GET!!しかしこの釣果を見て皆さん馬の背に渡堤。人が増えた馬の背、もう一発掛けるもバラシ(今考えると痛恨のミス)。更に1枚追加するも計3枚で時合い終了。6〜7人渡った馬の背、魚の反応が遠のきます。釣果渡堤直後の時合いで計6〜7枚魚が出ました。コバではMちゃんが3枚仕留めています。12時便で戻るAward委員長の見送りをした直後にMちゃんが追釣、しかし私も馬に戻ると一流し目に魚が掛かって無事GET!!しかしこれで打ち止め。計4枚で釣行終了となりました。
優勝は枚数4枚もサイズが大きかったMちゃん、2位は私、3位はカトちゃんという結果でした。黒工の玉の柄にお米を頂きラッキーでしたがAwardにはあと一歩届かず超残念でした。しかし何年か前の黒工大会以来の久しぶりの真剣勝負ができて楽しい1日でした。
IMG_2047翌日25日深夜から30日深夜までハワイに旅行。ホノルルにずっと滞在、ハワイは何と10年ぶりです。着いて早速夜のホテル前をシャロー用のミノーを投げると第一投ですさまじい引き!!何とか海から引きずりだしたのはカライワシの仲間。その後もバイトが連発するもバラシ。おまけに大波を食らってびしょ濡れ、携帯がヤバそうだったので即撤収しました。
釣果を見て翌日は家内が参戦。やはり第一投で魚が掛かるも即バラシ、その翌日も家内の第一投で魚が掛かるも針はずれ。ハワイ釣行はちょっと残念な結果でした。IMG_1862
31日は朝から釣行の予定でしたが寝たのが2:00で起きれず夕マヅメのみ出撃。朝一良かった青灯に。ナライも吹いて最高なはずでしたが4回当たって1掛けボーズと最悪な結果でした。出直します。
明日2日に野島出撃&3日から2泊で長崎遠征。ヘダイ釣りと新ポイントの調査をしに行ってきます。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: