その他の釣行記

2016年08月01日

まとめて更新その2

待ちに待った一ヶ月休暇が始まりました。23日は野島杯の下見で野島、24日は野島杯@野島防波堤、25日深夜から30日深夜までホノルル、31日は夕マヅメで野島に行ってきました。
23日は午前中のみの釣行、野島杯の下見を兼ねて青灯に向かいました。8〜9m程度のナライ、翌日も風が残る予報。渡堤直後の下げ潮の動き出し、最高の条件と思いきや、誰もアタリません。青灯を諦め10:00過ぎにハナレに渡ります。先行する2名はアタリ無しとのこと。しかし渡った直後の平場で良型が掛かり沖に走られてラインブレイク。しばらく後に先行1名が魚を仕留め、その直後に私も40cm弱のクロをGET。結局この1枚で終了でした。
IMG_1811-1翌24日の野島杯、海津クラブメンバーは4:30集合で大会準備。私も当日の進行や役割分担などの資料準備で寝たのが12:00過ぎと睡眠3時間弱で大会当日を迎えました。
大会には68名にご参加いただきました。予報どおり当日はナライ、前日夕マヅメはドックが良かったようです。泳いで渡堤することも想定してウェーディング用のライフジャケットも持ち込みます。ホーム青灯・ハナレに行くか、それとも別の場所に向かうか?ハナレは黒研事務局長が向かいます。ハナレで爆った時はおそらく事務局長が優勝。しかし前日のナライ北風の青灯・ハナレの釣果を見てリスクがあるも馬の背に賭けて新堤に向かうことにしました。
新堤組は前日釣行したMちゃん、クラブ会長や戯蠅気鵑Award実行委員長、過去野島杯の上位入賞メンバーなどそうそうたるメンバー。降りた直後は潮も流れず反応無し。馬の背上にも魚が見えません。しかし9:30くらいにMちゃんがコバで連発!!Mちゃんは手に負えなくなったので馬の背に向かうことにしました。
馬の背は潮もよく流れていい感じです。アンテナ片手に際を狙うと数投で魚が掛かり無事GET,2枚目も即GET!!しかしこの釣果を見て皆さん馬の背に渡堤。人が増えた馬の背、もう一発掛けるもバラシ(今考えると痛恨のミス)。更に1枚追加するも計3枚で時合い終了。6〜7人渡った馬の背、魚の反応が遠のきます。釣果渡堤直後の時合いで計6〜7枚魚が出ました。コバではMちゃんが3枚仕留めています。12時便で戻るAward委員長の見送りをした直後にMちゃんが追釣、しかし私も馬に戻ると一流し目に魚が掛かって無事GET!!しかしこれで打ち止め。計4枚で釣行終了となりました。
優勝は枚数4枚もサイズが大きかったMちゃん、2位は私、3位はカトちゃんという結果でした。黒工の玉の柄にお米を頂きラッキーでしたがAwardにはあと一歩届かず超残念でした。しかし何年か前の黒工大会以来の久しぶりの真剣勝負ができて楽しい1日でした。
IMG_2047翌日25日深夜から30日深夜までハワイに旅行。ホノルルにずっと滞在、ハワイは何と10年ぶりです。着いて早速夜のホテル前をシャロー用のミノーを投げると第一投ですさまじい引き!!何とか海から引きずりだしたのはカライワシの仲間。その後もバイトが連発するもバラシ。おまけに大波を食らってびしょ濡れ、携帯がヤバそうだったので即撤収しました。
釣果を見て翌日は家内が参戦。やはり第一投で魚が掛かるも即バラシ、その翌日も家内の第一投で魚が掛かるも針はずれ。ハワイ釣行はちょっと残念な結果でした。IMG_1862
31日は朝から釣行の予定でしたが寝たのが2:00で起きれず夕マヅメのみ出撃。朝一良かった青灯に。ナライも吹いて最高なはずでしたが4回当たって1掛けボーズと最悪な結果でした。出直します。
明日2日に野島出撃&3日から2泊で長崎遠征。ヘダイ釣りと新ポイントの調査をしに行ってきます。

2016年07月17日

7月16日野島防波堤17日木更津沖堤釣行記

IMG_1787-17月11日から15日まで会社の合宿研修に行ってました。合宿で朝8:00から20:00まで英語で指導する全く有難くない研修に参加。無事終了し16日は野島、17日は木更津に行ってきました。
16日は日刊スポーツの記者さんとの釣行。野島杯の事前記事のため大師匠と社長と私で防波堤をガイド。記者さんはちょい投げ釣行を希望しています。午前中誰も渡っていないドック先に向かうことになりました。ドック先にはY田さんやちょい投げメンバー含め10名強降ります。丸環前を皆に譲ってもらい大師匠と2名で釣行開始。13:15頃、丸環上でツブが取られてクロの存在を確信すると大師匠が36.5僂離イズをGET!!これで最低限のミッションをクリア。何発かのアタリに空振りした私もタイミングが合い出して16:00までにポツポツと4枚釣れてしまいました。夕マヅメは混雑した新堤に向かいコバに張り付くもこちらはスカ。カンちゃんは2枚仕留めてました。
この日は全体に好調で夕マヅメまでで25枚程度の魚が出ました。TOPは黒研事務局長。ハナレでパターンを掴んで9枚GET!!ドックも好調で夕マヅメまで7〜8枚の魚が出ました。この調子で野島杯を迎えてほしいです。
IMG_179617日は稲○さんとカンちゃん、カンちゃん息子さんと4名で木更津沖堤に。稲○さん常宿宮川丸の5:00船に乗船します。しばらく前まで爆っていた木更津、睡眠時間3時間で出撃。4:15に宮川丸に到着も既に大混雑。4名でB堤に向かったのですがダントツの一番人気で30名くらいが降ります。その後栄宝丸も到着し続々とB堤に。両コバはアジ狙いとシマダイ狙いの人が独占。平場も大混雑。仕方なく人と人の隙間を狙います。何回かのタナのアタリの後に8:00頃、平場で中型をバラすも全くパッとしません。C堤コバで少し粘るも気配なし。疲れて9:00〜10:00まで一回目の昼寝。前日の釣行と睡眠不足が足にきます。起床して内側平場を狙うと10:50頃、ツブが潰されます。11:00頃、コバの手前で25cm程度が掛かるも即リリース。11:10頃、良型が掛かってこれも無事御用!!IMG_1797時合いのようですが、足が攣りだしたので食事をとって再度昼寝。1時間半弱寝てしまいました。起床後12:50くらいから再度釣行すると即38冂度の魚が掛かります。いい雰囲気も長く続かず、前日の疲れもあって気力も萎えて夕マヅメを諦め15:00便で帰宅しました。
次回は野島杯前日の下見と本番参加の予定。

2016年07月03日

まとめて更新その1

5月22日釣果ちょっとBLOGの更新が滞っています。Facebookは楽なのでたまに更新していますが、最近やたらと仕事が忙しく、平日はほぼ自分の時間がなかったりクラブの行事対応などで身動きが出来ませんでした。
5月22日にクラブの月例会@野島。四畳半で4枚釣れましたが小物ばかりで3位でした。内側のガレ場で連発しましたが、デカい数枚は岩に巻かれてプッツン。ただし座って釣れたりと楽しい釣行でした。5月28日(土)はプチ遠征@横浜沖堤。事前情報が良かった旧赤に行きましたが超渋くて全く駄目でした。翌週の野島防波堤ヘチ釣り講習会は南の爆風で3時間の釣行で終了。19名も参加頂いたのですが目立った釣果もなく残念な結果でした。
6月10日〜12日は恒例の博多遠征。10日夜に博多IN。またも赤灯に渡ります。初日は7枚釣れるも(40UPは2枚)、時合い以外は全く当たらず防波堤に勢いを感じません。大師匠が53UPを仕留めるも他は目立った釣果も無し。他の防波堤も単発の釣果があるものの全体的に反応が少ない状況でした。博多大会風景翌日のラブメイタも結局赤灯に。K船長他東京湾から参加するメンバー全員が赤灯に向かいます。モーニング狙いは波が当たる赤灯台側。若干出遅れたのでコバに向かってワープ。先行者が落としていなかった平場でメイタをGET。風が落ちたので反対側の白灯台側に向かいます。灯台下を探り、平場を探ると潮が流れ出します。白灯台側は人気で周りに地元の方が数人居ます。潮流に変化を感じた直後に37.7僂離瓮ぅ燭鬟織覆GET!!更に大物を狙うも終了直前にアタリに反応するもハリス(1号)が切られて終了。20人程度渡った赤灯台は渋くて全体で5〜6枚しか出ませんでした。複数GETは私のみでした。博多大会釣果優勝は10:00過ぎに移動した先で2枚仕留めたK船長。過去何度も参加したラブメイタ、東京湾から優勝者を出そうと遠征組は皆頑張っていましたが念願かなってホント良かったです。私は37.7僂猟牴未妊リギリ10位に入賞。バッカン頂いてラッキーでした。
6月18日はクラブの6月度大会。大物狙いで珍しくドックに渡るも1回当たったのみで爆死。ドックは混雑すると釣る場所もポイントも限られてストレスが溜まります。大会では事前情報がよっぽど良くない限りしばらくドックに行かないと思います。
昨日7月2日(土)は東京湾落とし込みバトル第四回大会。今年もC堤防担当。役員なので移動は不可、村本で餌を仕入れて木更津に。6:30頃に栄宝丸横のガスト着、既に大半の役員が居ます。7:30過ぎから受付準備開始。役員含めて180名を超える方が参加する大会、受付も結構バタバタの対応で、かなり大変でした。木更津風景11:30過ぎにC堤防に渡って12:00過ぎに大会開始。B堤側コバに向かいます。南風が10ⅿ強吹いていて爆風状態。内側は良い濁り。コバ手前でモーニングの1枚目(32cmくらい)を仕留めます。立て続けにアタリが出て魚を掛けるも一瞬で針外れ。14:30頃、コバの沖を流して46.3cmをGET。15:30くらいに真ん中船着き場の沖側で魚を掛けるも針外れ。枚数勝負のため真剣に狙い続けます。16:00過ぎから周りで散発で釣れ出すもアタリは全くなく終了。釣果があったので役員でしたがギリギリまで釣行してしまいましたが、バラシで運が飛んでしまいました。7月2日釣果
複数枚釣果を出した人は8名のみ、私は長寸で救われて5位入賞でした。いい感じの室内ファンを頂いてラッキーでした。
次回は7月9日のクラブ月例会。7月11日〜15日の会社の合宿研修を乗り切れば少し釣りに集中できそうです。7月後半から待望の一ヶ月休暇。8月は釣りに行きまくります。8月3日〜5日は長崎単独遠征予定。BLOGも定期的に更新します。

2016年05月07日

5月5日横浜沖堤6日野島防波堤釣行記

IMG_1486-1GW皆さん如何お過ごしでしょうか?5月3〜4日は妹家族とうちの会社の保養所@館山、5日は横浜第一新堤、6日夕マヅメ便で野島に行ってきました。
3日は東京湾フェリーで久里浜から金谷に渡ります(笠島、混んでました)。途中富楽里PAで妹家族と合流、館山の沖ノ島公園に移動して5歳と3歳の甥っ子姪っ子と磯遊び。夜は卓球に翌4日は定番のマザー牧場に。帰りは君津の室内釣り堀に立ち寄って鯉釣り。怪獣2人の遊び相手は100%私。お蔭で腰を痛めてしまいました。。。
5日は南風が強まるため稲○さんと横浜に出撃。朝が早い鈴木釣り船店から第一新堤に向かいます。○鈴会の○合さんに上げ下げと主要ポイントのレクチャーを頂いて釣行開始。期待のモーニングは反応なし。6:20頃、灯台下でカニを取られます。8:00前に水路でカニを潰されるもその後は全くアタリ無し。○合さんはツブで3〜4回アタリを出すも全体に渋い状況。元野島シーバサーの○鈴会の若手○木さんが1枚仕留めると活性が上がるも翌日の仕事が頭をよぎり16:00でギブアップ。しかし私が帰った後に時合いがあったようで2枚出たそうです・・・。恐るべし横浜沖堤、なめて掛かったらやられます。ちょっと悔しい横浜の本年初釣行でした。
IMG_1676翌6日は元々休暇の予定でしたが午前中のみ仕事。リベンジで午後は横浜に再戦のつもりも午前中はナライが吹いています。前日釣れる気がしなかった横浜より、夕方満潮のドックが頭の中で招き猫のように呼んでいます。結局リベンジは諦めて14:00前に村本に到着。メインの餌はツブ。他にカニとパッチンを携え○藤さんと15:45便で夕マヅメまでの2時間半勝負でドックに出撃しました。
ドックに降りると黒研事務局長が1枚仕留めています。少し前にツブで平場で仕留めたとのこと。潮は既に下げのように流れています。16:40頃、階段横の底を流しているといつもの根にツブが引っ掛かります。竿を立てて根からツブを外そうとすると違和感。ゴミを掛けたと思いラインを巻き上げると沖に動き出します。IMG_1674この時点でクロと確信して大合わせ後にゴリ巻きして無事ネットイン。51僂領彪燭任靴燭1.93圓抜袷瓦砲呂燭い芯掌紂魚体はオスに噛まれまくったようで痛々しい傷だらけの魚でした
17:30頃からパッチンを使って台の上を探るも、クロの前にカサゴが食いついて不発。夜釣りでは良い餌になるようですが夕マヅメでは活躍できませんでした。
下げ潮も変化しながらよく流れ、雰囲気が良かったものの全体2枚で終了。GWの野島で計2枚と個人的には文句ない釣行でした。次回は14日の夕マヅメ野島か15日のアシカ島に出撃の予定。IMG_1680

2015年07月20日

近況その3

11日にクラブの月例会、12日に黒研チャリティー大会@野島、15日〜17日は長崎遠征、19日に野島に行ってきました。
11日のクラブの月例会。前週にハナレで膝をぶつけたのですが、水曜日に膝が腫れて歩くのも辛い状況の中の月例会。なるべく歩かないドックかドック先のうち、ドック先を選定。アタリはあるも野島で最近湧いている小型のクロの小当たりに悩まされて釣果なしで青灯に移動。青灯では膝が痛いのでオカマで粘ると16:00頃に小型のクロを1枚で終了。各堤で夕方爆った防波堤、クラブ全体では22枚という釣果でした。020翌日の黒研チャリティー大会も青灯を攻めるつもりで準備をしたのですが、未だ膝に不安があるためドックに。ドック釣行は皆でワイワイ(私は取材班)と楽しかったのですがこちらも釣果無し。駐車場の送迎係と写真班、釣果集計と裏方ばかりの大会でした。
今年は仕事も忙しくて土日のどちらかが潰れ、自分のペースがつかめない中、立て直しとストレス発散のため恒例の長崎に15日から18日に単独遠征してきました。049あのヘダイの引きを味わうための遠征、本命はヘダイです。15日はRMCの徳さんと釣行(わざわざ来ていただいて感謝です)。台風11号が接近中で、最も西寄りのコースを進むと長崎直撃の恐れのある中の遠征。15日はやや風が強い中15:00頃から釣行。午前中から釣行している徳さんはハリス3号でもヘダイにやられっぱなしで既に10回ラインを交換しているそうです。道糸3号、ハリス2.5号で漁港内側から釣行開始。漁港沖側の通常船が係留されている波止が台風の接近のためか空いています。そちらに転進するとカニで立て続けに良型のクロを仕留めます。ヘダイも何回か掛けるも底に潜られてプッツン。1枚仕留めたものの3〜4回高切れで日没。結局この日はクロ3枚、ヘダイ1枚でした。024
翌16日は6:00〜10:00までと16:00〜19:00までの釣行。朝は通称橋の下と漁港を半々で過ごしてクロ2ヘダイ4の釣果。この日は北風が台風接近で北風7〜8m、風の影響か河口も漁港も底まで透け透けで厳しい状況。いずれも波が当たっているサラシでの釣果。11:00〜13:00は他の港の調査を実施。16:00に再度再開。上げ潮時の漁港沖面に向かうと凄いことに。3〜4ヒロあるのですが、落とすたびに当たる状況が続きます。この日はツブを使いました。途中で引き込むアタリはクロ、底で強烈に走るアタリはヘダイで見分けがつくのですが、半数くらいの魚は手前の底に突っ込みます。波止の底がスリットになっているのか、止められずに潜られると高切れ。5回切られます。結局この時合いでクロ3、ヘダイ3で終了。クロはいずれも45up、1枚は54cmあり釣行としては大満足。056しかし風も強まって翌日の釣行は半分諦めて近くのとんかつ屋で晩飯をとってホテルに戻ります。
最終日の17日は台風の影響は長崎ではほとんどなし。風も緩んでいたので6:00〜8:00はキビレ狙いで前日より若干濁りが入った橋の下で釣行。しかしキビレは全く釣れず、ヘダイ2クロ1で終了。チェックアウト後に前日調査をした茂木港に行くも全く当たりナシで長崎湾に戻ります。12:00〜13:20は再度橋の下で釣行しヘダイ3枚+ハリス切れ3回、上げ潮が良い漁港沖面に13:30過ぎから30分限定で釣行するとまたも時合いに遭遇。072クロ2枚、ヘダイ2枚の釣果だったのですが。前日の夕方同様に高切れを連発して頭に血が上ります。14:40頃まで釣行してしまい漁港を離れたのが15:00前。レンタカー屋経由で大村空港に着いたのが16:10とフライト20分前。また来年遠征に行きたいと思います(上げ潮+夕マヅメが好調のようなので潮時と最終日のフライト時間を調整したいと思います)。
昨日19日に野島に行ってきました。前日爆発した青灯内側に向かうも、晴天で西南西の爆風。晴天で西に風が寄ると経験上釣果は厳しいです。ハナレ中心の釣行で何度かあたり2バラシ1枚で釣行終了。釣れた1枚は超小型のカイズ、金魚を検量に持ちこむか〜など皆にさんざん厳しいツッコミを入れられましたが31cmでギリギリ検量対象、西風と晴天の影響か厳しい1日でした。010
26日は黒研の大会@野島ですが、現時点の台風12号の予想進路はちょうど大会の頃に関東接近。何年か前にあった超小型の台風のまま南岸で停滞することを願います。

2015年07月05日

近況その2

0026月19日〜21日 博多沖堤遠征、27日Bay is one大会@木更津、7月4日野島に行ってきました。
恒例の博多沖堤遠征、今年も19日19:30羽田発の飛行機に飛び乗り21:30前に福岡空港着。既に博多入りしている副会長から様子を聞くと沖堤は好調、木更津の黒〇会さんも枚数がかなり出ているようです。19日は遠征メンバーと軽く食事をとって就寝、20日は例年通り5:30便で赤灯に向かいます。朝は降雨で寒かったものの7:00過ぎに雨は止んで曇天。潮もまずまず流れ条件は良いもののアタリは少な目。沖側中心に狙った私に散発でアタリが出るものの潮色が良い内側狙いはほとんどアタリ無し。30分〜1時間置きくらいに出るアタリを拾う感じでした。赤灯沖側は沈み根も無いのでサクラの大江戸(道糸1.5号、ハリス1号)でチャレンジ。この竿、楽しいですね〜。ラインも細いのと竿のパワーがないので35cmくらいの魚でもやりとりが楽しいです。010結局14:00くらいまで釣行して計6枚。1枚は49.5cmという、博多沖堤では大物サイズを仕留めて終了。クラブメンバーは他に1枚とかなり厳しい状況、翌日の大会の渡堤先を悩みながら懇親会参加。
翌日のラブメイタ第21回大会、前日厳しかったものの再度赤灯に向かいます。予想通りかなり厳しく、朝一のバラシのみで終了。。。失敗しました。来年また頑張ります。
25日は黒工大会@横浜。今年は仕事のため応援にまわりましたがクラブは活躍できず、かなり残念。こちらも来年参加出来れば頑張ります
27日はBay is one大会@木更津。受付で集金担当+C堤担当です。12:00でC堤防に渡り、一番にB堤側コバに向かって狙うと横っ走りのアタリが出るも針掛からず。その直後に底でアタリが出て合わせるも素針を引いて実質10分で大会終了。エイを2回掛けてギャラリーの注目を浴びたりと散々な結果でした。こちらも来年頑張ります。037
昨日は久し振りの野島に向かいました。釣行前は青灯に向かうつもりも、南風が強まるとのことで午前中はドック、午後はハナレの内側狙い、夕マヅメはドックに戻ってこの日の本番、満潮時の丸環狙いの釣行PLAN。前週のBay is One大会時の野島夕マヅメは短時間に時合いが4回と爆り、皆2〜3枚仕留めたそうです。村本前もひどい水濁と水温低下の中、ドックも活性低くモーニングは当たりナシ。8:30頃、丸環上を1枚ツブで落とすとレギュラーサイズ1枚、11:00頃に潮が緩んだ北面底をダンゴで狙うと良型1枚獲れたものの全体5名で私の2枚のみ。予定通り12:00便で青灯に向かいそのままハナレに渡堤。渡堤直後は潮が止まっていて釣りにならず、14:00頃まで昼寝。潮が流れ始めた14:30頃、内側平場で魚を掛けるも針外れ。雰囲気が更に良くなった14:45頃から四畳半でプチ時合い。3発当たって2掛け1枚(バラした1枚は波を食らってタモ入れミスで針外れ)。青灯・ハナレは内側も狙えば食うことが判った釣行でした。
16:00便でドックに戻りマヅメ便で参入したカトちゃん、春〇さんと雑談釣行。17:45頃、潮が止まりかけた丸環上で掛けた魚をゴリ巻して仕留めて計4枚、野島全体で11枚で終了。全体的に厳しい1日でしたが久しぶりの野島11時間半釣行でストレスが発散できました。
来週は11日クラブの月例会、12日は黒研チャリティー大会、15〜17日は単独の長崎遠征、18日〜20日は野島合宿(体力が持てば)ですのでBlogのアップは少し先になりそうです。

2015年06月19日

近況

blogの更新が滞っています。クラブの行事準備や会報作成、その他諸々の対応や仕事が忙しくてなかなか対応できません。また、楽しみにしていた黒工の大会も仕事で参加出来ず(泣く泣く辞退・・・)。おまけに今週は気管支炎が悪化して声も出ず、胸にできものが出来て簡単な手術をしたりとか、散々な状況です。
ですが釣りには行っています。
5月30日は野島防波堤ヘチ釣り講習会、講師で参加。午前中座学(司会)午後実釣を半夜まで。私が担当した講習生の方にはクロは釣れませんでしたが、大型のカサゴが連発して野島の魚影の濃さを実感頂いたものと思います。全体では講師4枚、生徒さんに1枚の釣果。私は最後の最後で丸環際で魚を掛けるもラインが丸環に触れてプッツンで終了。翌31日は黒研大会@久里浜でしたが、見事に仕事が入って不参加。超残念でした・・・。
翌週の6月7日(日)はクラブの月例大会。新堤に直行しました。降りてすぐに台の上を狙うとk田さんに当たるも仕留められず。すると会長がさくっと1枚GET。しばらくするとK田さんが良型を仕留めます。アタリが無い私はコバと平場を諦め馬の背に。
馬の背1往復目は反応なし。2往復目に小型のエイキチ君をGET。平場を諦め潮の高いお立ち台方面を見ると竿先5mくらいにクロを発見。目の前にツブを軽く投げると大ビンゴ!!45僂魎袷乾汽ぅ箸把爐辰討靴泙い泙靴拭しかし馬の背はこれまで。午後はドックに移動するも夕マヅメの最後の最後で潰されて終了、とりあえず1枚釣れてラッキーな1日でした。
004 00612日(金)半夜と13日(土)に横浜旧赤に行ってきました。12日(金)は18:00便で渡堤。潮が低いものの夕マヅメ狙いです。降りて20分くらいは全く気配が無かったものの、潮が動き出した18:30から30分程度で6発当たって5掛け2枚(バラシすぎ)。20:00頃、稲〇さんとLINEをやりながらツブを落としていたところいきなり引き込みで魚が掛かり計3枚、いすれも横沖ではまずまずのサイズでした。好調なので翌日も6:00便で12:00までの予定で旧赤に出撃。朝一の時合いで22〜23cmくらいの博多沖堤メイタサイズが釣れるも他の人は50弱が立て続けに釣れます。9:00くらいのプチ時合いで30cm弱が釣れるも前夜とは全く違う反応。雰囲気が良くなったので14:00まで延長するも四畳半側コバの時合いに乗れずにTIME OVER。この日は沖白が良かったようです。
明日から博多遠征。博多沖堤はまずまず釣れているようですが、ラブメイタはボーズにならないように頑張ります。

2015年05月19日

横浜久里浜修行釣行

IMG_0768 (2)Blogの更新が少ないので例年より釣行回数が少ないと思っている方も多いと思いますが、釣りには行っています。今月9日と10日は大黒と本牧のヘチ釣り教室のお手伝い。9日は午後からのヘチ釣り教室前に横浜沖堤 沖白に8:00〜11:00で出撃。実は横沖は好調、気合が入るも渡堤直後に張り出しで1枚ツブで数回当たるも掛け損ね。頭に血が上ったままで終了。16日は9:30から乙舳会館でクラブの幹事会でしたが、一週間頭から血が下がらなかったので6:00〜8:00で再度横浜沖白に出撃。防波堤独占状態で渡堤直後は絶対釣れると思ったものの一発も当たらず爆死。IMG_0795 (2)17日はこの時期恒例、黒研大会前の事前調査でアシカ島に行ってきました。丸清の駐車場に着くと超気合が入っている○達の○岡さんが居ます。気合の理由はアシカ島は火曜日から渡船していないとのこと。元黒研の先輩○藤さんと大小どちらに行くか会話をしていると東京湾の大名人、義○さんや〇野さん、後〇さんに赤〇さんも既に乗船しています。超楽しそうなメンバーで島に出撃!!アシカには10名弱が降りました。皆物凄い勢いでモーニングを狙うも、こちらは要領を得ていないので完全に出遅れ。しかし誰も当たりません。7:00頃に潮が緩むと義〇さんや赤〇さんが魚を仕留めます。私も何発か当たるも魚を掛けれません。またも頭に血が上り始めた8:00頃、川の際でコツンときたアタリに大合わせを入れて良く引いた40cm前後をGET。上げ潮は1回当たるもスカで終了。あれだけのメンバーが降りたアシカ島で全体5枚の厳しい1日でした。疲れたので昼便で帰宅してしまいました。なかなかうまくいかないものですね・・・。IMG_0806 (2)
今週日曜日はクラブの5月度大会ですが参加できません。土曜日に釣行予定ですが、野島の早朝チャーター便に搭乗予定。出船しない場合は余ったカニを携えアシカ島に再戦してきます。

2014年12月30日

黒鯛病

まもなく2014年が終わりますが皆さん如何お過ごしでしょうか?今日はスキーに行く予定でしたが、昨日の締めの飲み会の影響で全く起きれず、スキーも釣行も諦めました。
まもなくこのBlogも10年を迎えますが、黒鯛病に冒され続けたため10年も記載し続けたものと思います。この黒鯛病の末期症状がいかなるものか整理してみました。

1.周りから見ると「変」
  ・食べない魚を釣るのを理解されない。
  ・「餌はイガイ」が信じてもらえない。説明も面倒。
  ・ピーカンが嫌い。低気圧が本州南岸を進むとソワソワ。
  ・小潮、若潮で大ナライだと会社を休んでしまう。
  ・飲み屋で黒師が集まるとハリやラインの話だけで軽く2時間持つ。
  ・更に仕掛けの話が入ると一晩はOK。
  ・餌の落とし方や潮流が加わるとおそらく二晩は徹夜可能
  ・天気図、潮汐に妙に詳しい
  ・東京・横浜の釣具屋に超詳しい
  ・大阪や九州に遠征するが、防波堤しか行かない。繁華街や観光名所に立ち寄らない。お蔭で知人には遠征したと言えない。

2.家族が理解しないor完全に諦めている
  ・子供が受験なのに毎週釣行。家内には全く理解されない。
  ・お蔭で単独遠征しても全く怪しまれない。
  ・熟年離婚の影がちらつく。

3.孤独っぽいが群れるのが好き
  ・集中して釣りをしているときの姿が勘違いされる
  ・釣果は情報戦。なので黒鯛師は群れる。
  ・見かけはガラが悪いが実はフレンドリー

4.お金の遣い方がおかしい
  ・欲しくなると数万〜10万以上する竿をためらわずに買う。
  ・そのくせ、家庭や子供に掛けるお金は妙にためらう。
  ・どうみても余計なものだが、何でも理由をつけて正当化
  ・後から考えて無駄遣い/失敗が多い。後先考えない
  ・たかが黒鯛に車が何台も買えるくらいのお金をつかってしまった。。。

5.完全に頭がいかれてる
  ・潮高や波高で馬の背やハナレ水路を渡れるか判断できる
  ・黒鯛を見ると冷静さがなくなる
  ・頭から潮を被るような大荒れの天候に大喜びする。
  ・本州南岸を通る小型の台風を心待ちにする
  ・風と潮汐と潮流の関係を解説できる
  ・ドック北面、丸環上、荒れたハナレ・馬の背の第一投で心臓バクバクになれる。
  ・たかが遊びなのに人生、いや命を賭けている。
  ・そういう同業者を見ても変と思わない。
  ・年金生活で黒鯛釣行が週何日できるか考えている。
  ・釣果も重要だが、よりプロセスを重視するようになった。

如何でしょうか。こんな変な釣り師にならないよう、あまり深入りしない方が人生のためだと思います。

28日に最終戦に野島に出撃。先日頂いたマコガレイの刺身が余りにも美味く、ドックでヘチ竿でカレイ狙い。木っ端ガレイ(ヘチ竿で初めて釣れました)とアイナメをGET。午後は村本の初ボート黒鯛にチャレンジしましたが、透けてて厳しく、2回アタリが出たのみでした。
2015年初回の釣行は年明け3日を予定。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: